【エロメン☆タイム】ケンカ別れした一徹と久々の再会で“せつな気持ちいい”セックスの気配!?

 どうしても離れ離れにならざるを得ない事情があって、好きな人に対して素直になれない。そんなせつない想いを抱えたまま相手と再会した時に行うセックスって、嬉しいやら愛おしいやらでいつもよりすごく感じてしまいませんか? そんなせつな気持ちいい作品が「DMM.com」にあります!

 『一徹×アキノリ Re:逢いたい』は、一徹演じるサラリーマンの恭平と同棲中の彼女・沙希の恋物語。ある日、仕事から帰宅した恭平に対して、沙希が「来月の連休で温泉に行こう」と誘います。すでにチケットも手配済みで、沙希は行く気満々。しかし、恭平は仕事が忙しいようで、ちょっと浮かない顔です。

 その夜、沙希にキスされたり、服を脱がされても、なんだか気乗りしない様子の恭平。これには沙希も違和感を覚えたのか「いつもはチューしてくれるのに、疲れてる?」と問いかけます。しかし、恭平も徐々にスイッチが入ったのか、激しいキスをしつつ沙希をソファに押し倒し、甘いムードに。イチャイチャしながら「なんか久しぶりだね」と言う沙希に、恭平は「ごめんね、仕事忙しくて」と謝ります。このところの2人は恭平が多忙だったことで、なかなかセックスできていなかったのかもしれません。

 仕事で疲れているであろう恭平の負担を少しでも減らそうと思ったのか、沙希は率先して愛撫を行います。先に首筋や乳首を舐められて感じる恭平。その後パンツを脱がされ、手コキやフェラも。先っぽをペロペロと舐めたり、手コキ+フェラで恭平をもっともっと感じさせようとする沙希ですが、恭平はそれらをさりげなく制止し、「さっきの温泉のことなんだけど、考えさせてくれる?」と言い出したのです。結局、この日はセックスせずに眠ることに。

◎セックスを止めたワケ

 翌日、会社で上司に呼び出された恭平。ある重大なプロジェクトを任されているようです。一方の沙希は、自宅にかかってきた一本の電話で、なんと恭平が引っ越しする予定であることを知らされます! 恭平はそのプロジェクトのために、福岡に転勤することが決まっていたのです。

 帰宅した恭平に、沙希は「引っ越しするなんて聞いてないよ」「なんで言ってくれなかったの?」と詰め寄ります。しかし、恭平は「なんでそんなこと言わなきゃいけないの?」と冷たい返し。さらには、「私たち付き合ってるんだよ、なんで相談してくれなかったの?」という沙希に「俺の仕事のことだから沙希には関係ないし、結婚するわけでもないし別にいいじゃん」と突き放します。びえ~ん!! 恭平にビンタし、「もういい!」と出ていく沙希。そりゃそうだ!!

 数カ月後、福岡で順調に仕事をこなしていた恭平は、東京にある本社での会議に出席することに。東京といえば、ケンカ別れした沙希がいる場所です。恭平は沙希の自宅を訪れ、2人は数カ月ぶりに再会します。

 「久しぶりだね」「仕事はうまくいってるの?」ぎこちなく会話する2人。気まずい雰囲気のまま、飛行機の時間が迫り見送ろうとした沙希ですが、突然恭平が壁ドン&顎クイを……!

 後編では、ついに2人が久々に心と体を交わらせます。離れ離れの期間を経て、素直になれた2人の変化に注目です!!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー