[ジャニーズツッコミ道場]

怒涛の活躍でもブレないHey!Say!JUMP・伊野尾慧の「堅実さ」と、少しの「違和感」

ino-maegamisisyu.jpg
昔のでこっぱち写真はしまっておきますね……

 今回ツッコませていただくのは、ジャニーズでいま最も勢いのある1人、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧。

 デビューからずっと、世間やジャニーズの他グループファンから「いつまでたってもパッとしない」と言われてきたHey!Say!JUMPの、急激な人気上昇ぶりに戸惑いを感じているファンは少なくない。なかでも「JUMPがキテる」感を世間に最も強く印象付けているのが、伊野尾であり、長年応援してきた伊野尾ファンが一番不思議な思いを抱いていることだろう。

 大学卒業後、少しずつ個人仕事やソロパートなどの露出が増え、コンサートの個人グッズも真っ先に売り切れたり(山田涼介や有岡大貴、知念侑李など、もともとの人気メンバーとは準備されていた数も違ったのだろうが)、表紙で登場した雑誌は完売したり、4月からは『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)初の男性MCに就任、『めざましテレビ』(フジテレビ系)木曜日レギュラーになるなど、目覚ましい躍進ぶりである。

 とはいえ、少々不安だったのは、あまりの急激な露出ぶりに、伊野尾自身が疲弊してしまわないかということと、単なるはやりモノとして短期に消費し尽くされないかということ。

 実際、多忙により、少々やつれたように見えた。また、人気と需要が一気に高まる一方で、学業優先だった伊野尾の場合、他メンバーに比べて、歌やダンス、演技がうまいわけでもなく、頼みの綱の「トーク力」においても、バラエティ経験値が少ないだけに、いざ真ん中でスポットを浴びてみると、緊張した様子で固い笑顔をしていたり、フリーズしてしまったり、言葉を噛んでしまったりする場面も多々見られた。

 小さな工場で作られた商品がメディアで紹介されたのを機に、全国から注文が殺到したはよいが、生産が追い付かない、あるいは、客に出せるメニューがわずかしかないような状況なのではないかとも思えた。『メレンゲの気持ち』でも『めざましテレビ』でも、ゲストより丁重な扱いを受け、「伊野尾くん」「伊野尾くん」と気を使われ、話を振られ、まるで女子アイドルのような扱いを受けているのも、違和感を覚えた。

次はいよいよ高木が見つかる出番だな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク