【うわさの会見場から】

中山エミリ“親子ヌード”発表会が大荒れ! 「ヌードじゃない」と主催者に嘆く男性記者も

nakayamaemirinude.jpg
セタフィルベビー公式サイトより

 タレントの中山エミリが21日、赤ちゃん向けスキンケアブランド「セタフィルベビー」の新CM発表会に出席した。CMでは昨年10月に出産した愛娘と初めて親子共演。さらに、取材案内リリースでは、中山と生後半年の娘が2人で「親子ヌード」を披露していると発表され、注目を集めていた。そのため会場にはテレビ各局をはじめ、多くのマスコミが集まったが、当日にお披露目されたCMを見た報道陣からは、さまざまなブーイングが起こっていたという。


「取材案内では“中山エミリが親子ヌードに初挑戦!”と衝撃的に煽られていたのですが、実際に見てみれば、ほとんど露出はありませんでした。映されるのは娘を抱くエミリの上半身のみ。エミリは一応、何も着ていないふうでしたが、娘の体で常に隠している状態で、ほぼ顔と腕しか見えていません。報道陣からは『これをヌードと表現してもいいのか』『セミヌードとも言えないのでは』と主催者側に確認するなど、会場にはあからさまにガッカリムードが漂っていました。一方で女性陣は、ガッカリする男性陣に『赤ちゃん用スキンケアのCMで本格的なヌードになるわけがないことくらい予想できるでしょう!?』といった様子で、ドン引きしていましたが……」(情報番組スタッフ)
 
 この取材陣による「ヌード論争」は、なんと中山にも直接質問が飛んだという。

「会見の際、記者から『主催者側からは“親子ヌード”といわれているんですが、そう捉えられることについてどう思うか?』といった質問が出て、エミリは『それほど抵抗はないです。セクシーな感じにはなれなかったですし』『大きな記念です。貴重な思い出になりました』と笑顔で答えていました。撮影現場には、夫でライフセーバーの飯沼誠司も見学に来たことを明かすなど、幸せそうでしたよ」(同)

 ネット上でも「わざわざ脱ぐ必要はあったのか」「ヌードという表現には抵抗がある」「赤ちゃんをヌードと表現していいのか」など、さまざまな意見が交わされている。マスコミも視聴者も、まんまと企業側の話題作りに乗せられてしまったということなのかもしれない。

中山エミリっていう大炎上しなさそうな人選も巧妙

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!