最近働きすぎじゃね?

桐谷美玲、夏クールの月9主演内定! 早くも業界内で「大爆死しそう」と悲観論噴出

kiritanimirei.jpg
ジャニーズに愛されているうちは安泰よ

 4月期は、福山雅治主演の『ラヴソング』(フジテレビ系)が放送されるフジ月9枠だが、7月期には桐谷美玲の主演ドラマが決定したという。最近になってドラマ、映画と次々に主演を飾る桐谷だが、1月期にワースト平均視聴率を更新した月9枠での主演となると、苦しい戦いが予想される。

 2005年デビューの桐谷は、10年に「Seventeen」(集英社)専属モデルを卒業した頃からテレビ露出が激増。『NEWS ZERO』(日本テレビ系)火曜キャスターを務めながらも、昨年は映画『恋する・ヴァンパイア』『ヒロイン失格』と2作品で主演を務めた。

「桐谷にとって月9主演は初めてで、相手役には三浦翔平の名前が挙がっています。内容は現在調整中で、恐らくオリジナル作品となりますが、関係者の間では『7月期の月9は大爆死しそうだ』『桐谷は数字を持ってない』とささやかれています」(芸能プロ関係者)

 高視聴率を連発した月9枠も、フジテレビの凋落とともに低迷し、1月期の有村架純主演『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は全話平均9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、ワースト記録を更新。また15年7月期の福士蒼汰主演『恋仲』も10.8%と、結果は芳しくなかった。

「近年、月9枠には、恋愛ドラマは結果が出ない、またフレッシュな若手が主演すると爆死するというジンクスが生まれつつある。特に桐谷は、主演映画の『ヒロイン失格』こそ大ヒットを飛ばしましたが、主演ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレビ朝日系)は全話平均6.9%とパッとせず。その前の『アンダーウェア』(フジテレビ系)では、ゴールデン帯放送にもかかわらず、3.7%と大爆死をしました。この調子では、月9ワースト更新も危惧されています」(同)

 さらに近頃の桐谷の活躍ぶりには、所属事務所の内部事情が関係しているという声も。

「桐谷の先輩である堀北真希が、4月以降のスケジュールを入れていないと、一部で『芸能界引退』報道が流れました。現在同事務所では、桐谷に続く女性タレントは育っておらず、堀北の抜けた穴をほぼ1人で回していかざるを得ない状況のようです。事務所のゴリ押しにより、精神バランスを崩してしまったといわれるオスカーの武井咲のように、桐谷が早々に潰れてしまわないかが心配されています」(スポーツ紙記者)

 情報解禁前から“爆死確定”といわれる今7月期の月9は、どのような結果を残すことができるのだろうか?

「痩せすぎて心配」というネットの声を冷ややかに見ていそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと