セックスにスピリチュアルな意味はいらない。まして母性はもっといらない

 気、カルマ、エネルギー……などなど、スピリチュアル的なワードにセックスを結び付けられると、途端に腰が引けてしまいます。

 代々木忠著『つながるーセックスが愛に変わるために』(新潮社)は、AV界の生ける伝説的な存在となっている同氏が、制作現場で目の当たりにした物事から、日本人のセックス観、時代によるその変遷をあぶり出し、セックスの本質を問う1冊です。

 氏のAVはセックスを通して男女の人間性をえぐり出す実験的な作品が多いといわれ、そのために接してきた女性は5,000人以上。半世紀以上にわたって男女の性と対峙してきたうえでの洞察は、さすがの説得力を感じます。「ザ・面接シリーズ」では、男優・一徹さんのエピソードも盛りこまれ、SILK LABOでブレイク前の一徹さんを知らない者としては、たいへん興味深かったです。

 ただ、ところどころスピリチュアル的要素が入ってくるのが引っかかって、うまく読み進められないのです。イク=オーガズムは〈自分を明け渡すこと〉というのはわからなくもないのですが、物理的な刺激だけでもオーガムは可能です。私は、日々ラブグッズでオーガムを経験しています。それは自分で自分を明け渡す行為、といわれるかもしれませんね。たしかに、オーガムは一種の開放感をもたらします。でも、それは精神的な感覚ではなく、むしろ我慢したうえで放尿するときの開放感に似ています。生理現象というと味気ないでしょうか。でも、「人間のなかにある見えない“気”のようなもの」=オーガズムであり、潮吹きである……と壮大な話にされると強い違和感を覚えるのです。

 心も満たされるセックスのほうが、気持ちいい。そこに異論はありません。バイブオナニーによる物理的な刺激もイイものですが、セックスで相手とともに高まるのは、物理的な快楽とはまったく別モノです。心の隅々にまで満足感が染みわたっていく感覚は、何度体験しても新鮮です。性欲は物理的な刺激で満たせますが、性交欲はこうした精神的な充足感なくしては満たせません。

◎スピなセックスは精神医学を上回る

 でもそれを、気とかエネルギーとか実体のないものに帰結したいとも思わないのです。「イキそうでイケない子が苦しそうな表情をするのは、外に出て相手と交じり合いたい『気』が、心をブロックすることでせき止められ、出る場所を探してもがき苦しんでいる」「その苦しさが最高潮に達したとき、出る場所を探していた『気』が潮吹きを誘発する」と、潮吹きというセックスにおいて不要なもの(どころか、女性にとっては迷惑でしかないもの)を、スピリチュアル的な到達点のひとつとして提示されるのは、弊害しか感じません。

 ほか、セックスの前に「催淫CD」を聴かせると、トラウマを刺激されてその女性が多重人格だと発覚したり、幼児退行がはじまったり……という下りには、辟易します。私自身が「催淫」というものに胡散臭さしか感じていない(ほんとうにそういうものができれば、ノーベル賞ものだと思っています。性欲減退障害、性機能障害に悩む多くの人たちに寄与できるから!)ので、そもそも強いバイアスがかかっているのですが、こうも精神医学的なことがセックスひとつで解決できてしまうとなると、眉ツバ感ばかりがむくむくと大きくなっていき当惑します。

 セックスで自己が損なわれることは多々あります。それとは逆に、セックスで開放される、あるいは自己を取り戻せることもあるでしょう。だからといって、そこまで万能だとも思えません。描かれている女性たちの一部は、催淫CDを聴かされて生じる役割期待に応えているだけのようにも見え、かえって痛々しくなりました。

 要は、スピリチュアルな色づけをしたり精神面をことさら強調することで、セックスと女性の身体、性を壮大で神秘的なものに見せることに、私は抵抗感があるのです。それは数々の宗教(カルト)がやってきたことでもあります。なかでも本書では、そうしたセックスの精神効果が行き着く先のひとつが「母性」とされています。出たよ、母性……。

「もっと深いオーガズムを体験すると、『愛/対人的完成』はさらに『母性』へと変容を遂げる」
「オーガズムを体験すると、感情の中ではエゴが取れ、体の中では新たなホルモンが分泌されて、心身ともに変化するということなのだろう。それが母性のスイッチを入れるきっかけになる」

 と持論を披露し、母親がAV出演でオーガズムを感じた途端、ちょっと遅れているのかなと心配していた子どもの発育が急に進んだり、子どもを授かったり、子宮筋腫がなくなったりした例が挙げられています。最後の筋腫については、母性は関係ないですね、失礼しました。にしてもオーガズムって、どんだけ万能。じゃあ、男性はオーガズムのたびに父性が目覚めたりしないんですかね?

 オーガズムの後に感じる多幸感は、オキシトシンが原因とされています。幸せホルモンとも呼ばれる脳内物質で、授乳中のお母さんもこれが出ているそうです。同じホルモンが出ていても、状況が違えばそこに芽生える感情は違ってきます。オーガズムの後の多幸感は、基本的に相手への愛情であり、自分への満足感です。もっと、大きく博愛的なものもを感じる人もいるでしょう。でも、それはイコール母性ではありません。男性だってそれを感じているのに、なぜ女性だけが母性に結び付けられなければいけないのか。

◎余計な味つけはいりません。

 セックスやそれによってもたらされるオーガズムは、たしかに特別な体験です。その度合が強いほど、なんだか自分が高まった感じもあるのでしょう。でも、セックスってもっと個人的で卑近で、日常のなかにあるありふれた行為でいいのではないでしょうか。

 こうして男性が女性を神秘化するだけでなく、女性が女性を神秘化するケースもめずらしくありません。子宮をやたら特別視したり、オナニーのことを「ひとり宇宙」といったり。子宮はたしかに大事な器官だけど、ほかの器官だって大事です。オナニーは、生理的欲求を解消するひとつの手段。エンタテインメント的に愉しむことはあっても、それ以上でも以下でもありません。

 こう書くと、即物的な快感しか知らない心貧しい人間だと思われそうですね。きっと性体験も貧しいに違いない、と。だったら私は、即物的上等です。意味や付加価値を持たせることで肯定されるセックスではなく、セックスそのものを愉しみたい。神棚にあげるような特別なものではなく、日常にあるものとして愉しみたい。「ほんとうにおいしい野菜は、調味料なんていらないのよ。そのままかじればおいしいの」的な感じでしょうか。食生活においてはそういう思考が苦手なので、矛盾している部分もあるのですが……。セックスや女性の性をあがめ奉るほどに、セックスレスになっていくと思うのは私だけではないと信じています。

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  19. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー