毎回身体を求める男性=最低? 紗倉まなも悩む「セックスの駆け引き」

 突然ですが、デートする度に毎回セックスする男って、“最低”だと思いますか?(ごくり)

 とある掲示板で見つけて、ちょっと気になった話題です。デート→そのままセックスするという【〆が毎度一緒のコース】が続くと、「身体にしか興味がないのかな?」「本当に私って本命なの? セフレなのかな」「最低!!!」と感じる女性もいるそうです(白目)。プライベートセックスが充実することなく、股間には相変わらず木枯らしが吹き荒れている紗倉としては、「毎回求めないでよ!」なんて疎ましく思うこと自体が羨ましい話なのですが……そうか。いつもわかりきった終点に到着するとだめなもんなのね……。と納得してしまったわけです。

 私はどちらかというと、毎回のデートで最後にセックスできる楽しみがあるのって「ワクワクして嬉しいなぁ」と思う派です。とはいえ、そんな私でも、常に同じ前戯や体位だとつまらなく感じます。毎回セックスをすること自体に嫌気がさすというのも、ポイントとしてはかなり近しい感情なのかもしれません。そう考えると、「面白みがなくてつまんない!」「ぶっちゃけセックスは適度でいいっす、疲れるんだよね~(悟)」となってしまうのも、わからなくはないのですが……。あぁ、それにしてもリア充になりてえ。

 対して男性側の意見はというと、「しなきゃしないで文句言うくせに」「相手が魅力的だからセックスも毎回したくなるわけ」「ブスだったり嫌いだったらしないわ」という声が多く見られました。う~ん、“しなきゃしないで文句言うくせに”っていうコメントは的を射てるわぁ! でも“あなたが魅力的だから”というセリフは、何だか後付けのような気がして、「毎回セックスする男性=最低」と感じる女性には響かなそうですよね……。こんなことをグルグルと考えていたら、セックスするってなんて難しい駆け引きなんだ! ということに気付いてしまいました(震)。

 女性に「身体目的」だなんて思われないためには、セックスする前の行動がかなり大事な要素になるのかもしれません。「あなたってセックスのことしか頭にないのね」と冷たく言い放ちたくなる男性は、“女性を喜ばせるための気遣い”が足りない気がします。ふつふつと湧き上がってきた性欲を「召し上がらせてください!」という誠意を持って、存分に態度で表してくれたら……。すぐさまその胸にダイブしたくなりませんか?

 ちなみに、「(結婚前の)男性のセックス頻度の理想」というアンケート調査によると、一番多い回答が“週2回”なのだそうです。これって、お互いに会社勤めで休日しか会えないケースであれば、会ったらほぼ確実にセックスしたいということになりますね。対して、女性の理想は“週1回”と、やはり男性よりも低い結果になっていました。あれ、でも、おかしいなあ。私の周りにいる女友達は「いつでもしたい~!」って子が多いんだけどな……(白目)。身体の相性だけでなく、セックスしたいタイミングも合えば、最強のカップルになれますね!

 さて、今回が2015年最後のコラムとなりました! 気付けば新年……もーいーくつ寝―るーとー、おしょーがつー♪ ですよ。あっという間や、あっという間や!!! お正月は佐野厄除け大師に礼拝しに行ったり、年末ジャンボ宝くじの当選番号を血眼になって追ったりしながら、のんびり過ごしたいと思います~。皆様も、良い年をお迎えください! あぢゅ~~~~~。

■紗倉まな/高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー