業界内をたらい回しに!

“薬物疑惑”清原和博、アメブロ成金へ! バーニングに行き着き「月100万円荒稼ぎ」

2015kiyoblog.jpg
清原和博オフィシャルブログより

 11月に、突如ブログを開始したことで世間を驚かせた清原和博だが、その裏では、芸能界の重鎮たちの間で“たらい回し”にされていたようだ。バラエティ番組で「風邪薬はやりましたけど」などと違法薬物の使用を否定する一方で、定期的に流布される“薬物逮捕情報”も相まって、各業界人から“アンタッチャブル”な存在とみなされているようだが……。

「清原がライジング預かりになったらしい」――こんな情報が関係者の間に駆けめぐっていたのは、昨年秋頃だった。すでに「週刊文春」(文藝春秋)によって、薬物使用疑惑を報じられた後だったため、ライジングプロダクション(当時はヴィジョン・ファクトリー)に対して、「なぜあんな危険案件を?」と首をひねる業界関係者も多かったという。

「ところが、肝心の仕事はというと地方でのパチンコ営業など、ドサ回りばかりでした。やはり大々的にテレビで使うのは危険、という事務所側の判断があったのでは」(芸能プロ関係者)

 そしてその後、清原の“ケツ持ち”に新しく就任したのは、同じく大手芸能プロダクション・ケイダッシュの川村龍夫会長とされていた。

「実際にマネジメントを行っていたのは、AKB48の“仕掛け人”とされる同プロの幹部。彼の手腕もあってか、その後は『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)や『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)など、各大物タレントの冠番組にたびたびゲスト出演するようになっていきました」(同)

 ところがそのケイダッシュも、どうやら11月時点で清原から手を引いてしまったそうで、現在は“芸能界のドン”といわれる周防郁雄社長が率いる、バーニングプロダクションの預かりとなっているという。

「今年10月にも、警察筋から大々的な“清原逮捕情報”が流れていたことから、いよいよケイダッシュ側も及び腰になってしまったようです。そして清原はバーニングに移った途端、アメブロでオフィシャルブログをスタート。また新しい“小遣い稼ぎ”が始まりました」(広告代理店関係者)

 清原は連日のようにブログを更新し、多い時には日に3回も記事をアップしているが、「芸能人ブログ総合ランキングでは、アクセス数がトップ10入りすることも多く、毎月100万円近い収益は手にしているはず。ステマ騒動以降、ブログビジネスも下火ではありますが、それでも毎月の飲み代くらいは十分に稼げているでしょう」(同)という。

 なんともせせこましい清原の努力だが、大手プロの看板がある以上は、いつか疑惑も完全払拭され、公言している「復帰して監督就任」が実現する日も訪れるのだろうか。“バーニング”清原の次の展開に注目が集まる。

長渕、キヨに「しあわせになろうよ」を歌ってやってよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー