[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐『Japonism』、年間アルバム売り上げ1位確定!? 実売96万枚超で三代目JSBから首位奪還

arasahi5_aka.jpg
こんだけ売れてりゃ視聴率とれなくてもいいっしょ!

 オリコン週間アルバムランキングで、自己最高となる初週82.0万枚を売り上げた嵐のアルバム『Japonism』(10月21日発売)。発売2週目には5.7万枚がプラスされるなど順調に数字を伸ばし、先日は日本レコード協会が“ミリオン作品”として認定。今年は三代目 J Soul Brothersのアルバム『PLANET SEVEN』(1月28日発売)が好調なセールスを誇っていたことから年間アルバムランキングの行方に注目が集まっていたものの、嵐の根強い人気が証明される形となった。

 三代目 J Soul Brothersの『PLANET SEVEN』は初週50.8万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング1位に初登場。男性アーティストのアルバムが初週50万枚を突破したのは1月時点では初であり、また昨年10月発売の嵐のアルバム『THE DIGITALIAN』(初週66.0万枚)以来ということから、ジャニーズファンからも「三代目の勢いすごい」と、驚きの声が漏れたほどだった。

 一方、10月発売の嵐のアルバム『Japonism』は初週から『PLANET SEVEN』の記録を30万枚以上も上回る売り上げをみせ、発売2週目では累積87.7万枚に。11月10日には日本レコード協会が『Japonism』をミリオン認定したと発表した。嵐は2009年発売の『All the BEST! 1999-2009』『僕の見ている風景』(10年)『Beautiful World』(11年)でミリオン認定をされており、今回が4作目になるという。

「ミリオン認定は、オリコンランキングなどで発表される実質の売り上げ枚数ではなく、『累計正味出荷枚数』が基準とされているため、現時点で100万枚を達成したわけではありません。オリコンの累計売り上げ枚数の集計によれば、『PLANET SEVEN』は12月7日付の週間ランキングで86万枚を突破、嵐の『Japonism』は96万枚となっています。嵐ファンの間では、『1月リリースの三代目を10月発売の嵐が抜くのは厳しいかも』と心配されていましたが、嵐の年間1位は確定でしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな『Japonism』は“和”をテーマとしたアルバムで、リード曲「心の空」はミュージシャン・布袋寅泰が作詞・作曲・アレンジ担当。初回限定盤、通常盤、よいとこ盤の3形態で販売され、よいとこ盤は少年隊の名曲「日本よいとこ摩訶不思議」のカバーを収録。また、5人のトークのみを収録した「アラジャポ・トーク」も、ファンの間では「最高におもしろい」と、絶賛の声が出ていた。

 勢いを増す三代目から見事に首位を奪還した嵐。年内に実売でもミリオン達成となるのか、注目したい。

さっちゃんショック、物ともせず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ