[連載]ここがヘンだよ子育て本!

セレブママ・滝沢眞規子が、「同じ主婦/ママ」として読者のもとに“降りてきた”ことが生む悲劇

takimakinybasic.jpg
滝沢眞規子『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

【第3回】
滝沢眞規子『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

<総合評価(10点満点)>
文化伝統行事に意識がいっちゃう度 ★★★★★★★★★
自分不器用っすから度 ★★★★★★★★
カネがあれば主婦は楽しい度 ★★★★★★★★★★

【寸評】
 セレブママの聖典「VERY」(光文社)のカリスマモデル、タキマキこと滝沢眞規子。そんな彼女のスタイルブック『滝沢眞規子 MY BASIC』は、こんな一文で始まる。

「私と同じように主婦として忙しく毎日を送る方だけでなく
これから結婚して新生活を始められる方、
手のかかる小さなお子さんと頑張っているママにも
この本から何かを感じていただけたら嬉しいです」

 この本を読んで感じる「何か」とは、まぎれもなく「資本主義」である。持つ者が豊かな生活を送るという資本主義の根幹をあらためて認識させてくれる本。その一方で、本来は同じ土俵に上がる必要のない「持つ者」と「持たざる者」が、同じ「主婦」「ママ」というカテゴリーで結ばれてしまう悲劇も痛感する。単なるセレブのゴージャスライフならば別世界として享受することも可能だが、そこに「同じ主婦/ママとしての共感」という軸が登場するものだから、読者たちは否応なしに土俵に上げられてしまうのである。これは序二段がいきなり横綱と対戦させられるようなもの。

 横綱タキマキは「主婦ってすてきな職業」「お母さんでいることが最優先」と相手のまわしを十分に引き寄せたところで、「節目節目にダンナから贈られるバーキン!!」で一気にぶん投げる。「高級チョコよりジャイアントカプリコが好き」で引き寄せて、「家の食器は全て有田焼」でドーン。これが延々と繰り返されるのである。何度土俵の真下に叩きつけられてもまた立ち上がる、それを「憧れ」と言い換えることができる真のポジティブ(ドM)な方のみが手に取ることを許される試練の書とも言えよう。

*******

■ハイコストな「普通」

 日本の四季や年中行事などを重んじるのは、昨今の素敵ママ、おしゃれママにとっては定番の手法です。しかしタキマキさんがそこいらのオシャレママと違うのは、そこに「普通」という冠をつけること。たとえば「家族みんなで大掃除をして、角松を飾り、おせちを作る。そんなごく普通のお正月を私も子どもたちに伝えていきたいです」。この「普通」というのが曲者で、下町の老舗紙もの店で作った犬張り子を飾り、オリジナルの手作り枝物をリビングにあしらい、おせちを作り、テラスで餅をつき、七草粥を炊く……。「普通」とつけられたお正月は急に恐ろしい魔物となり、世の母たちに牙をむくのです。

 しかし最も重要な点は、タキマキさんが気合入れまくりの伝統行事をアピールすることで見えてくるメッセージ。「私が子供の頃、祖母や母と一緒に作った栗きんとんや黒豆など何日もかけて作ったおせちは、そのゆっくりとした時間と共に温かい想い出として私の記憶に残っています」。これこそ、「普通」の暮らしが決して一代では達成されないことを申し渡しているのです。ネットなどの付け焼き刃ではどうにもならない、文化的教養とセンスこそが彼女の最大の武器。ということで「つい文化伝統行事に意識がいっちゃう」度は★9つ。

具体的な子育てを語られるよりボディに効いてくる、タキマキ節

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー