キスした時にわかる「愛撫に向いている舌・向いていない舌」の条件  

 女性の中には、「恥ずかしい」などの理由でクンニを避ける方もいるようですが、個人的にクンニはセックス時の女性に対する二大前戯的存在である手マンよりも「痛い」などのトラブルが少なく、高確率で気持ちよくなれる時間です。唇や舌というソフトな部位を使う愛撫ですから、よっぽど強く吸われたり、噛まれたりしない限りはわりといい感じなので大好きです。過去には「ビラチュークンニ」(私が勝手に命名しただけですが)をされたこともありますが、これはメジャーなクンニなんでしょうか。

 そんなクンニですが、より気持ちよくなれるかどうかは相手男性のクンニテクだけでなく、舌の形状も大きく関係しているのではないかと思っています。生まれ持った舌の形状で、クンニ・ポテンシャルは決まるのです。

 私好みの舌は、「厚みがあり、面積が大きく、柔らかめ」タイプ。唾液が多い体質であればなおGOOD。クンニは舌が持つほんのりとした湿り気と柔らかさ、唾液による潤滑性を活かした愛撫ですから、そのポイントをすでにクリアしている舌なら素晴らしいクンニをしてくれる期待が高まります。また面積が大きければ、おのずと一度に愛撫できる範囲が大きくなり、まんまん全体を刺激するクンニができます。もちろん舌の動かし方を変えればクリなどをピンポイントで責めることもできますし、大は小を兼ねるとはまさにこのこと。

 逆に小さめだったり短いタイプの舌だと、どうしても唇とまんまんの距離が近くなり、舌のみでの愛撫がしにくそうに見えます。たま~にすごく舌が短い人っているんです。その場合、舌を伸ばしてクンニしても、まんまんに上唇が当たることもあります。あとはクリだけ、膣付近だけとか、一カ所責めになりがちなので、舌特有の柔らかさがなかなか伝わってきません。また舌を伸ばすためか、舌の先端を細くして愛撫する方もいますが、これだと舌先が固くなってしまい感触があまりよくないことも。この舌をカチカチに尖らせてクンニする方は、「本当はあんまりクンニしたくないけど無理してやってくれてるのかな?」とも思ってしまいます。

◎しゃぶりつくのは不快!!

 テクに関しては、AVでもよく見かける“しゃぶりつく系”のクンニはあんまり気持ちよくないなと感じます。舐めて気持ちよくするというよりは、まんまんにしゃぶりつくことで「ジュルッ!」と激しく音を出す効果が強いというか……。ただ、見た目には「無我夢中でクンニしてるぜ!」感が出ているし、される側にとっても「すごい激しくクンニされてる~」という感覚的な興奮はひょっとしたら、あるかもしれません。

 実際のクンニテクは、いざセックスしてみないとわからないものですが、「いいクンニをしそうかどうか」はキスした時点でわかるような気がします。キスした時、相手の舌が特上牛タンのような厚みで「いま、酸っぱい食べ物でも想像した?」と思えるような唾液たっぷりでしっとりした口内だったら、クンニへの期待が高まります。

ただ、それでも相手がNOTクンニ派ということもあり得るのが難しいところ。こればっかりはいくら良質なクンニ・ポテンシャルを持っていたとしても、こちらが強制できることではありません。そんな悲しいケースもありますから、クンニをしてくれる相手には感謝の心を忘れずにいたいと思います。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム