まだまだ続く結婚ラッシュ

釈由美子、結婚発表のタイミングにささやかれる“愛人疑惑”GACKT周辺の怪しい動き

2015shakuyumiko01.jpg
思えば「妖精見える」時代からきな臭かった

 釈由美子が13日付のブログで、交際中だった一般男性と10月10日に結婚したことを報告した。一部報道によると、お相手は同年齢の実業家で、交際期間は半年だったという。釈はブログで「芸能界の結婚ラッシュのなか、私も便乗したかのようなまさかのタイミング」とつづっているが、ネット上では、かつてうわさされた交際相手の名前が飛び交う事態になっているようだ。

 釈は2010年、交際中の動物病院院長と結婚間近だと報じられた。ところが、一連の報道が原因で婚約は破談となってしまったと、のちに釈自らが語っている。

「院長は釈がそこまで有名人ということを知らなかったようで、結婚報道当日、職場や自宅にまでマスコミが駆けつけたことでかなり引いてしまったそう。その後、釈は情報漏洩にはかなり慎重になったようで、ブログの更新でさえためらうようになってしまった時期があったとか」(週刊誌記者)

 そして13年に取り沙汰されたのが、GACKTとの“愛人関係”だった。両者は10年来にわたって肉体関係を結んでいたという生々しい過去が、当時「週刊文春」(文藝春秋)で伝えられた。

「この報道に関しては、両者ともに否定コメントを出しました。翌年、釈はブログで『こんなしょぼいアラフォーにそんな浮いた噂が出ること自体 現実離れしすぎてて呆れてしまいます』と、GACKTの名前は出さずに関係を否定。なぜ半年もたってから突然コメントを出したのかと、逆に怪しまれたものです」(同)

 しかし、この報道のインパクトは相当なもので、ネット上では今回の結婚について「愛人契約が終わったのかな」「相手はてっきりGACKTだと思ってた」といったコメントがあふれている。

「GACKTに関しては、以前から警察が周辺の捜査を行っているという情報があり、夏には『薬物絡みでなにか大きな動きがあるのでは』という情報もあった。釈がこの話を耳にしたかはわかりませんが、不要なスキャンダルに巻き込まれる可能性を回避したという意味では、このタイミングでの結婚は正解だったのかもしれません」(ワイドショーデスク)

 釈がGACKTについてコメントすることは、もはや二度とないだろうが、業界関係者の間でささやかれる両者の闇はかなり深そうだ。

全て「計算通り」なんでしょ~?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!