[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」10月13日号

「婦人公論」“親の老い”特集で、40代~50代が優等生発言を連発する理由

fujinkouron151013.jpg
「婦人公論」10月13日号(中央公論新社)

 今年も残すところあと3カ月あまり。歳を取れば取るほど、あっという間に1年が過ぎていく……と「婦人公論」(中央公論新社)読者もひしひしと感じているのではないでしょうか。今年はいいことなんてなにもなかったわ~とお嘆きの方には、こちらの小特集「今年後半の幸せを引きよせる開運行動99」を。「今年後半」って、もう四分の三が過ぎてますって!!

 「食べるだけでOK!招福フード33」では、幸運引き寄せ食材が紹介されています。3カ月で2015年のご利益を一挙に集めようというだけのことはあり、「カレーを9回かき混ぜて」「宝くじを買う前はコーンポタージュで」「くびれを生む8粒の落花生」など少々強引な感じは否めません。「キュッとくびれたウエストを目指すなら、落花生を食べましょう。真ん中がくびれている形をしっかりと見て、これが私の本来の姿よ! と思いながら」。いや、落花生食べる前にやるべきことがあるのでは……。

 「あなたの願いを叶える33の習慣」にいたっては「『実現できた、ありがとう』と先取りして感謝」「感謝は2倍の言葉で」「神様やご先祖様に感謝」などなど感謝感謝の雨あられ。それなのに夫、姑、ご近所さんには「ありがとう」と言えないツンデレ体質の「婦人公論」でありますが。なんだかよくわからないものに感謝し始めたら、それはもうベッキーの始まりですよ!

<トピックス>
◎今年後半の幸せを引きよせる開運行動99
◎特集 親の老いにどう向き合う
◎読者体験手記 娘に迷惑をかけないつもりが

■死後家族を“晴れ晴れ”させるという功徳

 今号の特集は「親の老いにどう向き合う」です。いつも自分の老後が心配な「婦人公論」ですが、今まさに向き合わなければならないのが「親の老い」。リードには「人生の夕闇迫る親とのほどよい距離のとり方と、子ども世代の心と体がラクになる方法を探りました」とあります。
 
 親が年を取ると同時に自分も年を取る。どこかできっぱり「親」と「子」の関係性を見直し、更新することが老いたる親子にとっては大切なことなのかもしれません。しかしそれは決して簡単なことではない……そんなことを痛感させられたのが、イラストレーター・広瀬弦のインタビュー「最後まで自分であり続けた佐野洋子」です。広瀬氏の母は『100万回生きたねこ』(講談社)などでおなじみの絵本作家/エッセイストの佐野洋子。「そもそも、僕はずっとあの人のことが嫌いだったんです」という広瀬氏が母・佐野に振り回され続けた日々を述懐しています。

「自分が苦しんだ介護を、子にはさせたくない」という思いじゃないの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー