彼氏持ちのゲイ男性が、人前でビッチキャラを演じざるを得ない理由

彼氏持ちのゲイ男性が、人前でビッチキャラを演じざるを得ない理由

2013年11月から「Lollipop-Rumikoのビッチなう。」という連載をさせていただいている私。ありがたいことにもうすぐ丸2年です。連載タイトルに使っている“ビッチ”は、“性に自由な女性”というニュアンスで使っていますが、罵倒表現として使われるケースもあります。さらに、自称/他称によって大きく意味が変わってくるのではないでしょうか。今回、お話を聞かせてくれたのは、そんな他人からのビッチ扱いに違和感を覚えている男性です。アメリカでは男性にも使われるビッチという言葉ですが、日本では圧倒的に女性を指す表現として用いられることが多いはずです。一体なぜ……。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

彼氏持ちのゲイ男性が、人前でビッチキャラを演じざるを得ない理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!