その他
【ジャニーズ研究会レポート】

目指すは“みんなのうた”!? バラバラなSMAP楽曲の意味と役割を、木村拓哉が分析

jkimura10.jpg
「タメ」と「ビブラート」を多用し、アーティスト然とした歌い方を好むキムタク兄さん

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

 「オリスタ」(オリコン・エンタテインメント)8月17・24日号では、読者500人が投票に参加した「神ソングランキング2015」を大発表! 今回は嵐やEXILEなどヒットチャートの常連組の“てっぱんソング”の人気ランキングを紹介するというもので、全アーティストを代表し、SMAPが表紙&インタビューに登場している。

 今回のインタビューは読者が選ぶ“SMAPの神ソング”1位を獲得した「世界に一つだけの花」を中心に、CDデビューからの24年を振り返って、ヒットシングル制作の裏話やSMAPソングの定義、アイドルの定義まで、各メンバーが深く考察している。

 SMAPの曲の中でも国民的なヒットソングとして語られる「世界で一つだけの花」は、リーダー中居正広の「槇原(敬之)さんとかに曲作ってもらえないのかな」という言葉をきっかけに……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク