[ジャニーズ・メディアの裏側]

「ジャニーズは家族ネタNGなのに」嵐・櫻井翔、“異例”だった父の総務次官就任報道

shokun.jpg
いつ何時もエリートの風格を漂わせる櫻井

 父親は官僚トップ、息子は国民的アイドル――。政府は16日、総務省の大石利雄事務次官が退任し、後任に桜井俊総務審議官を充てる人事を固めた。俊氏はジャニーズの人気グループ・嵐の櫻井翔の父親であることから、大きな話題を集めている。

 俊氏は東京大学卒業後、1977年に郵政省(現・総務省)に入り、総合通信基盤局長、情報通信国際戦略局長などを歴任。事業ごとにNTTを分割、携帯電話市場の競争を促す政策で実績を上げた。事務次官は、“キャリア”と呼ばれる上級公務員の最高ポストだが、“櫻井ファミリー”はほかにもエリート揃いだ。

「妹は日本テレビに入社してリポーターをしているそうで、翔と13歳年の離れた弟の修は、兄と同じ慶應義塾大学に進学し、慶大ラクビー部の一員として、先日行われた『オール早慶明三大学ラグビー』に出場しました。顔よし、頭脳よし、運動神経よし。まさに櫻井家は“華麗なる一族”といえるでしょう」(テレビ関係者)

 俊氏の大出世のニュースは、スポーツ紙だけでなく、一般紙までもが「櫻井翔の父」と報道。このことに対して、ワイドショー関係者は「ジャニーズは、家族ネタが原則NGなので、異例の事態です」と語る。

「かつて山下智久の妹が、“美人すぎる代議士秘書”としてメディアをにぎわせた際、事務所から御用マスコミに『山Pの名前は使うな!』と連絡があったのは有名な話。にもかわらず、今回は完全スルーなんです。このニュースで、翔さんの知的なイメージが損なわれることはないと、ジャニーズが判断したからでしょう」(同)

 ネット上では、「庶民とはこうも違うのか……」「スペックに差がありすぎる」「完璧な人間っているんだな」と、自分自身と櫻井一家の差を痛感する人が続出している。“華麗なる一族”の今後に要注目だ。

アイドルになってくれてありがとうとしか言えなくて、夏

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー