「2カ月で13キロ減」の次は「1カ月6キロ増」……バイきんぐ・小峠と破局の坂口杏里が過食を猛アピールのワケ

sakaguchi1217.jpg

 6月末にバイきんぐ・小峠英二と破局していた坂口杏里が今月12日、自身のブログで「一ヶ月で約6キロはふえた!」と報告した。

 坂口と小峠は、昨年10月に水族館デートが写真誌に報じられ、この2カ月後に交際をスタート。2人はメディアでたびたび順調ぶりをアピールしていたが、今月14日放送のバラエティ番組『有田チルドレン』(TBS系)の収録で、小峠が共演者の芸人からバラされる形で破局が発覚。小峠によれば、原因は「価値観の違い」だといい、「後半はほとんど会っていなかった」という。

 坂口は、今回の体重増加について、ブログで「凄い健康的な体型になってきてるからハッピー! わほーい!」と心境を綴っているほか、「困っちゃうくらい毎日元気で家でもテレビ見ながら1人でそりゃねーだろ!とか突っ込んだり。笑」と元気ぶりをアピールしている。

 彼女は昨年1月、2カ月で13キロのダイエットに成功したことを報告。この直後、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演すると、まるで別人と化した坂口の激ヤセぶりが話題に。その後も「また顔が変わった」「さらに痩せた」などと、たびたびネット上を賑わせてきた。ちなみに先月には、自身のインスタグラムで「久しぶりに体重測ったら45キロジャスト!」と報告していた。

「ネット上では、今回の体重の極端な増加は、失恋による影響と見る向きが強まっているが、そもそも坂口と小峠が本気で付き合っていたのか、甚だ疑問。現在、坂口のメンタルが不安定だとしたら、むしろ決まっていたファッション誌モデルの道が断たれたことのほうが、よっぽどショックだったのでは?」(芸能記者)

 坂口といえば、今春からレギュラーモデルを務める予定だった女性向けファッション誌「ジギー」の発行元の元社長、ベレン・オリバー・オリベッティ容疑者が5月に児童福祉法違反容疑で逮捕されたため、雑誌自体が消滅。坂口念願のレギュラーモデルデビューは、泡と消えた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク