[女性誌速攻レビュー]「美人百花」6月号

鈴木えみによる“着痩せテク”を特集、「美人百花」が時代からズレているところ

bijinhyakka201506.jpg
「美人百花」2015年6月号(角川春樹事務所)

 今月号の「美人百花」(角川春樹事務所)は、ミランダ・カーが表紙です。彼女を起用した企画のタイトルは「もしミランダと一緒にLAのマリブで休日を楽しむなら(はぁと)」……一瞬「ん? みんなミランダと一緒に休日を過ごしたいの?」と思いましたが、よくよく考えると、ミランダ=Facebookの「いいね!」要員扱いなのかもしれません。単純に一緒に休日を過ごしたいのではなく、「一緒に写真を撮ってFacebookに載せ、みんなに『いいね!』されたい」と読者は考えているのかも……。自分にメリットがあるか否かで物事を考える人が増えている……そんな世の中が象徴されているのではと深読みさせるタイトルです。

 ミランダのページの中身を見てみると、紋切型の質問が並んでいます。「OFFの日は何してるの?」「一日も欠かさず食べているものは?」「毎日どんな格好で寝てますか?」「スタイル維持のために絶対食べないものは?」「ハッピーオーラ全開な感じはどこから来る?」などなど。読めば読むほど、ミランダにあんま興味ないだろという内容ばかり。あるとすれば、ミランダのような外見になるために、その生活習慣や食べ物を教えてほしいという興味でしょう。女性誌で取り上げられる女性有名人は、やはり一緒に休日を楽しみたい人ではなく、こういった自分ありきの「あこがれ」の人ですよね。

<トピック>
◎もしミランダと一緒にLAのマリブで休日を楽しむなら(はぁと)
◎アラサー美人はいま「着回し」Love!!
◎大人のための「着やせテク」完全保存版

■着回し企画が“使えない”!?

 毎号、1カ月コーディネートが多いと指摘している「美人百花」ですが、今月もとにかく多く、5人分の着回しを大特集しています。

 「美香レディなら『スカート&パンツを両方はきこなさなきゃ!」』から始まり、「泉里香のプライベート的『爽やかスイート』な着回し1カ月!」「WAYモノ&SETモノをフル活用(はぁと)“服少なめ”着回し1カ月!」「“プチプラ服7割”でも素敵に見える着回し1カ月!」「トレンド服はONでもOFFでも着まわせないと!」まで。タイトルを書くだけでもひと苦労です。

 この5つの着回し企画のうち、美香さんと泉里香さんという2人は、ご本人という設定。しかし、彼女たちの日常は、インテリアショップを廻ったり、テラスでシャンパンを飲んだり、散歩したり、クレープを買いにいったり、ピクニックに行ったり、お花を買ったり、太陽の光を浴びて元気チャージしたりと、ほとんど仕事をしていません! これ、美香さんや泉里香さんのイメージは大丈夫なのでしょうか?

鈴木えみ、着痩せしたら消えてなくなるんじゃ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー