サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

本屋大賞『鹿の王』が、285円の投げ売りに! 作家への謝罪騒動に発展した角川の大失態

sikanoou.jpg
『鹿の王』(角川書店)

 2015年の本屋大賞を受賞した上橋菜穂子の『鹿の王』(角川書店)。他民族への侵略が繰り返され、謎のウイルスが発生した世界を舞台にした、医療サスペンスにして冒険譚という壮大なストーリーだ。本屋大賞受賞で勢いにさらに火がつき、累計で100万部を突破するヒットとなっている話題作だが、昨年10月には90%オフと“投げ売り”される事件が起きていた。

 舞台となったのは、カドカワとドワンゴが合併した記念として、昨年10月1日からウェブ上で行われた「カドカワ祭り」のKindle版電子書籍セールだった。

「『鹿の王』は通常、上下巻合わせて3,200円するのですが、セールが始まったばかりの10月1日未明に、まさかの上下セット285円で売り出されていたのです。9月末の発売日からわずか数日での大安売りに、運良く見つけた読者は大喜びだったよう。実際結構な数が売れたとか」(出版関係者)

 ほかにも、3,150円相当の『GOSICK』(桜庭一樹)全9巻、5,790円相当の『スレイヤーズ』(神坂一)シリーズ全15巻、13,510円相当の『スレイヤーズ!すぺしゃる+すまっしゅ。』(同)全35巻セットなどが、全て285円で売り出されていた。

「10月1日早朝には価格が訂正されたため、話題になることを狙った一時的大セールだったのでは? との見方もありましたが、上橋菜穂子、桜庭一樹ら作家陣には角川から謝罪が行われたそうなので、単なるミスだったようです。作家陣へは結局、大安売りの時間内に売れた分も含め、ダウンロード数に応じて通常分の印税を払うということに落ち着いたそうなので、それほどきついお叱りも受けずに済んだようです。購入者も、後から通常の値段を請求されることはなかったとか。ただ、今の角川は景気が悪く、社員のリストラや降格が頻繁に行われるなど殺伐とした雰囲気。このミスも大きな痛手だったのでは」(同)

 特に『鹿の王』は、電子書籍の方がオリジナルイラスト付きでファンにとってはお得な仕様。後に本屋大賞まで受賞する話題作を285円という破格でゲットできた人々は、幸運としかいいようがない。

ついに角川が錯乱したのかと思った~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク