“ママ名刺”カルチャーを大々的に煽るメディアの罪深さ

【messyより】

meshi0424cw.jpg
『VERY』ママ名刺作成ページより

 「女性セブン」4月30日号(小学館)に掲載された、『ママ名刺』を巡る記事が物議を醸している。

 『ママ名刺』とは、子育て中の女性がママ友間で交換する名刺のようだ。雑誌「VERY」(光文社)が数年前にこれがブームになっていると取り上げており、同誌のサイトには「VERYママ名刺」が作れるページも用意されている。

 「セブン」の記事によれば、昨今、このママ名刺に夫の名と、夫が勤めている会社名まで書き込んでいるママが現れたという。これによってママ同士に格差が生まれ、三流起業勤めの夫を持つ女性は、ママ友作りのスタートラインから出遅れてしまった……と落ち込んでいるというのである。

 この記事に対してネット上では「気持ちわりい」「女って面倒くさい生き物だな」「ママカーストの延長でしょ より明確にランク付けできるわけだからな」など、“夫の肩書きを女性同士のマウンティングに使うママたちが気持ち悪い”と批判する声が多い。さらにはママ名刺をトレーディングカードに見立てて揶揄する動きも見られる有様となっている。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク