【うわさの会見場から】

松岡修造、“天気ネタ”質問 NGに! 記者の心の雲を晴らした生真面目すぎる“修造節”

2015shuzo.jpg
『まいにち、修造!』(PHP研究所)

 ヤル気を引き出す“修造語録”が満載のカレンダー『日めくり まいにち、修造!』(PHP研究所)が発行85万部と大ヒットを記録するなど、熱い人柄でブレイク中の元プロテニスプレーヤー・松岡修造。「修造が海外に出ると日本の気温が下がり、帰国すると気温が上がる」という事例が何度も確認され、ネット上では「太陽神」とも呼ばれているが、本人はこの「天気ネタ」をついに“NG指定”したという。

 松岡自身がこの「太陽神説」に初めて言及したのは11日、都内で行われた『日めくり まいにち、修造!』感謝祭でのこと。

「記者から『太陽神説』について聞かれると、『そんなことで天候が変わっちゃったら、僕の責任が重すぎます。天候によってつらい思いをされる人もいるので、コメントは控えさせていただきたい』と神妙な面持ちでコメント。その生真面目さに、報道陣はますます好感を持ったそうです」(芸能ライター)

 芸能イベントにもひっぱりだこの松岡は、20日に開催された日清食品のCMイベントでも報道陣の前に再び登場。しかし、そこであらためて松岡側から「天気ネタNG」のお達しが出たという。

「会見中に再び天気ネタの話題が出ると、修造はまたもや『世界では天候による残念なニュースもある。それに関してはコメントを差し控えています』と真顔で説明。『僕が本気を出して天気が良くなるのなら、いくらでも本気を出し続けますけど、天候はコントロールできません』と自らの“力不足”を責める真っ直ぐさに、報道陣は心打たれたとか。会見終了後にはスタッフから『天気の話題については、本人が大変困惑して心を痛めているので、できれば記事にしないでやってほしい』との要請がありましたが、各社は修造の思いを尊重し、素直に従ったそうです」(同)

 こうした事後のNG指定は、スピード第一で報道を行うマスコミ側からは疎まれるもので、現場でちょっとした“バトル”に発展することも少なくない。しかし松岡の純粋さには、報道陣の心の雲をも晴らしてしまう力があったようだ。

アンパンマンか修造かっつーくらいの愛され度

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー