[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP・木村拓哉『アイムホーム』、14.0%で初回から大幅下落も「キムタク脱皮作」の評判

2015imhome.jpg
『アイムホーム』(テレビ朝日系)公式サイトより

 23日放送のSMAP・木村拓哉主演ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)第2話の視聴率が、14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)ということがわかった。初回は16.7%で今クールの最高視聴率を記録したものの、2.7ポイントのダウンとなった。「2話目の視聴率は初回より下がる」という定説はあるものの、テレ朝への“電撃移籍”で話題を集めた木村にとっては、やはり手痛い結果だろう。

 記憶を失った妻子持ちのサラリーマンを木村が演じる同作。2話では、学生時代からの親友・山野(ココリコ・田中直樹)に再会するも、彼が想いを寄せていた女性は、再婚した自分の妻(上戸彩)だったことが判明。かつての冷徹な自分を反省し、最後には妻に「変わるから」と人生を見つめ直すというストーリーだった。

 今回の放送内容に関して、ネット上では「今回のキムタクはカッコいい」「演技も自然体で安心して見られる」「キムタク、完全に脱皮したな」と、木村への称賛の声が目立つ。今まで「ワンパターン」といわれ続けてきた木村の演技への批判はほとんど見当たらず、数字ダウンという結果についても「気にしないで頑張ってほしい」「視聴率は気にせず、ドラマの質を上げてほしい」という声がほとんど。また内容についても、「初回より2話目の方が断然面白かった」「2話が面白いって、一番当たりのパターン」との意見が多数を占めているようだ。

「木村は『林修の今でしょ!講座』『SmaSTATION!!』など、初のテレ朝連ドラ主演にあたって、同局の番組をはしごして番宣を行っていることがネット上で話題になりました。作品の内容もそうですが、視聴率に対するこだわりが尋常じゃないことの表れでしょう」(芸能ライター)

 なお、『アイムホーム』の裏番組で、“視聴率対決”が注目を集めている、元AKB48・大島優子主演の『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)の2話は、初回から2.4ポイントダウンの6.7%だった。ほかの裏番組は、日本テレビの『秘密のケンミンSHOW』が11.7%、フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』が10.0%だけに、数字が下がったものの『アイムホーム』は同時間帯のトップ視聴率を誇っている。

 『ヤメゴク』との視聴率争いでは完全に軍配が上がった『アイムホーム』だが、今後、20%台が視野に入るような巻き返しは期待できるのだろうか? 2013年の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)の4話の10.3%のような、“1ケタ寸前”という事態に陥らなければいいものだが。

チョ・マテヨさんにはもう会えないの??

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク