[ジャニーズ・メディアの裏側]

人気ジャニーズJr. 金内柊真が退所! 関西Jr.ユニット解体に退所者続々、激動のJr.内部

hiranosho.jpg
デビューにはたくさんの痛みと別れがつきものですね……

 関西ジャニーズJr.内ユニット・Kin Kanに所属している金内柊真が「退所した」とウワサになり、ジャニーズファンの間に衝撃が走っている。金内は3月31日まで大阪・松竹座で公演が行われていた『関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2015』に出演していたが、どうやらこの公演を最後に事務所を去ったようだ。

 同グループの向井康二、平野紫耀やなにわ皇子(永瀬廉・西畑大吾・大西流星)と『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ)にレギュラー出演し、天然キャラで知られる平野の“専属通訳”とも呼ばれていた金内。昨年夏頃からアイドル誌に登場する機会が減り、露出の少なさから定期的に退所疑惑が出るなど、活動が不安視されてきた。

「21日の松竹座公演初日には『See you again』という新曲を歌う際に『泣いていた』というレポートが上がっており、一部ファンは不穏な空気を察知していたよう。そして、31日の千秋楽では、終盤で本人や出演者が涙を流していたといい、金内だけスポットライトが当たり、本来は永瀬が歌うはずの『ありがとう いつまでも』というパートを金内が歌うなど、まるで“卒業式”のような演出だったとか。本人からの発表はなかったものの、多くのファンが金内の退所を悟ったようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 その後は、ジャニーズショップで販売されていた金内の写真が撤去されたという報告が上がり、公式携帯サイト・Johnny’s webに掲載されていた「かんじゅ日誌」からも、金内の記事が削除されたという。異例の公演内容に加え、写真の販売終了&ブログ削除で退所は確定とみられており、ファンは「平野の通訳は金内しかできない」「関ジュは惜しい人をなくした」と、悲しみに包まれている。

「Kin Kan&なにわ皇子は、昨年春の松竹座公演から平野と永瀬の猛プッシュが始まり、“なにきん”の解体危機がささやかれてきました。そのため今回の金内の一件で関西Jr.ファンは『なにきん解体反対』『なにきんの6人でデビューしてほしかった』などと、嘆いています。また、金内だけでなく、2~3月にはジャニーズJr.の小林瑞生、アンダーソン・ケイシーの退所情報が話題に。一方、永瀬は今春から東京に上京しているという情報もあり、今後もプッシュが続きそうです。夏の『FIVBワールドカップバレーボール2015』に照準を合わせたデビュー組の誕生が期待されていたことも関係しているのか、この春は近年でも珍しくJr.内部に動きがあったようです。」(同)

 一方、Johnny’s webの連載で退所を匂わせていた「MA」ことMusical Academyのメンバー・町田慎吾に関しては、本人とみられるTwitterアカウントが登場。3月25日の町田の誕生日に署名入りでメッセージを発信し、4月2日には「今後は2つの仕事をします。それは人前に立つ仕事ではありません」と投稿。本人のアカウントか断定はできないものの、2,950件以上もリツイートされ、今後の動向が注視されている。

 年度末ということもあるのか、退所者の情報が注目を集めているジャニーズJr.たち。デビュー年には多くのJr.が事務所を去るといわれているが、今年中にデビューするグループは誕生するのだろうか? 

金内、最後までステージ立ってくれてありがと!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク