その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「いまの6人は強い」「ベストな仲間」、再び露出が増えたバカレア組が6人での活動に前向き!?

jr.kyoumoto04.jpg
京本っちゃんは、万年「とんがってた時期」じゃね?

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「duet」2015年4月号(ホーム社)は、ジャニーズJr.の高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の「バカレア組」が、互いをおんぶしたり一緒に寝っ転がったりといった仲良しショットが掲載されているほか、6人での活動に非常に前向きな発言が飛び出ています。

 そもそも、「バカレア組」メンバーが集結したのは、12年4月~6月に放送された『私立バカレア高校』(日本テレビ系)がきっかけ。本作は、バカレア組らが演じる熱い心を持ったヤンキーと、AKB48のメンバーが演じるお嬢様女子高生らの交流を描いたもので、デビュー当時のKAT-TUNを思わせるやんちゃな空気をまとったバカレア組の人気に火がつきました。12年9月には『Johnny’s Dome Theatre ~SUMMARY2012~』でバカレア組がメインとなった公演が行われたり、同10月には『私立バカレア高校』の劇場版が公開されたり、ドラマ終了後も彼らの活躍の場が広がっていました。

 ところが、人気と同時にジェシーや松村のドラマ出演が増えたこともあり……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク