サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

百田尚樹への新作オファーに“及び腰”!? 『殉愛』騒動スルーした出版社の本音

2014junai.jpg
『殉愛』(幻冬舎)

 故やしきたかじんさんの闘病生活を描いたノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)が、法廷を巻き込む騒動になった百田尚樹。もともとは『永遠の0』『海賊とよばれた男』(ともに講談社)などのベストセラーで知られる売れっ子作家だが、現在は各出版社が百田へのオファーに及び腰になっているという。

「現在は、『週刊文春』(文藝春秋)で『幻庵』を連載中ですが、筆が早い百田は、すでにほぼ書き切っているそうです。ほかの作家は並行して仕事を引き受けることが多いですが、百田は一作に集中したいタイプで、連載中はほかの小説のオファーは受けないことで知られています。騒動以前であれば、『百田が書き終えたようだ』といううわさが聞こえてくれば、各社がすぐさま競って営業をかけていたのですが、今回はそういった動きが見られません」(出版関係者)

 百田への逆風が吹き始めたのは、やはり『殉愛』騒動以降だという。

「『殉愛』の偏った内容は、出版業界内でも発売後すぐに問題視されていましたし、騒動をめぐってのTwitterでの発言など、作家業と別のところで目立ってしまい、お騒がせ作家の色がついてしまったことで、敬遠され始めたようです」(同)

 ほとんどの週刊誌は「百田に原稿を書いてもらえなくなると困る」という理由で『殉愛』騒動をスルーしたり、百田を擁護するような記事を掲載した。騒動が大きくなり“アンチ百田”が増えている今、一部の週刊誌内部では「さっさと百田を切り捨てて、騒動を追及した方がよかったのでは?」との声もあるというが……。

「こうした騒動を起こしても、百田はいまだに『新作を出せば10万部は確実に売れる作家』と書籍編集者の間ではいわれています。出版不況の中、そこまで言われるのは東野圭吾か百田くらい。各社、『どこかでもう一作くらい書いてもらって、その後、騒動のイメージが薄れてきた頃にうちで書いてもらいたい』という思惑でいるようです。今は他社の出方をうかがっている段階ですね」(編集者)

 本人もこうした状況を感じ取っているのか、9日にはTwitterで「来年の還暦を機に引退しよう」と断筆を宣言するも、それがネットニュースになったことを知ると、わずか1時間後に「腹立つから、引退撤回!」とツイート。ファンや編集者の気を引きたい様子だが、百田が『殉愛』騒動のイメージを払拭できる日はくるのだろうか。

引退する前に、もう一度「さくら」という女を書いてほしい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー