『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【3月】

『マリーマリーマリー』が描く、“足りない”“不完全”でも幸せな2人による幸福論

女子マンガ研究家の小田真琴です。太洋社の「コミック発売予定一覧」によりますと、たとえば2015年2月には978点ものマンガが刊行されています。その中から一般読者が「なんかおもしろいマンガ」を探し当てるのは至難のワザ。この記事があなたの「なんかおもしろいマンガ」探しの一助になれば幸いであります。後編は単行本。2月のオススメと3月の注目作をご紹介します。

(前編はこちら)

【2月のオススメ】幸福論としての勝田文『マリーマリーマリー』

marymarymary.jpg
マリーマリーマリー』1(集英社)

 色っぽいダメ男を描かせたら日本一! の勝田文先生の最新作『マリーマリーマリー』1(集英社)は、勝田先生の最高傑作になりそうな雰囲気が漂う、幸福感とグルーヴ感にあふれたとても愉快な作品です。

 鍼灸師のリタは、往診で訪れたライブハウスの片隅で、壁に向かって独り「ワンダ~♪」と歌う不審な男を見かけます。彼こそが一部ではカリスマ視されているブルースバンドのギタリスト・森田。リタにひと目惚れした森田は唐突にプロポーズしますが、戸惑いながらもリタは、森田の健やかさと純粋さにほだされて結婚を決意。お金はあまりないけれど、楽しい2人の結婚生活が始まります。

 いつだって勝田先生は「完璧な幸せ」を志向しません。その作品で描かれる「幸せ」は、どこかいびつだったり、足りなかったり、不完全な代物であるのですが、でも彼女ら/彼らはとっても幸せそうであります。例えばそれはリタの愛車であるクラシック・ミニに象徴されることでしょう。旧車で外車でメンテナンスは大変で、エンジン音は「ブボボボボ」だし、乗り心地もいまいちだけれど、その佇まいを愛するリタは、この車を選んだことに後悔などしていません。あるいはドタバタとした即席結婚式の真っ最中、「おめでとう!」の嵐の中でリタはこう思います。「――なんかよくわかんないけど」「ありがとう!」。その幸せそうな表情といったら。

 森田とリタは、実は似た者同士なのです。他人の価値観に振り回されることなく、自分が真に好きなものを愛し、したいと願ったことをします。時折登場する森田のおいしそうな手料理を食べて、リタは「あ、おいし…」と独りごち、そして気づきました。「あれ…」「この人…」「今自分が何を食べたいのかちゃんとわかってる…? 自分の体にしたがって生きてる…」「どんなときも心と体のしたいことだけをする…」「だから究極にストレスがない!!」「だから健やか!?」。鍼灸師であるリタの志向するところも実は同じ。

 酉の市で熊手を買ってきたリタに森田はこう言います。「リタはそういう昔ながらの季節もんとか好きだな」。リタはこう答えます。「東洋医学って自然とか季節の中でうまく暮らすことが大事だから」。流れに逆らわず、時には自然に身を任せ、自分や他者と折り合いをつけること。幸せになるためのコツは、実は自分自身の中にこそあります。本作は非常に汎用性の高い幸福論でもあるのです。

 かつての森田のバンド仲間で、今はスターとなった二郎は、森田のステージを眺めながらつぶやきます。「結婚式もそうだけど、人の幸せを見るのって…幸せな気分になれることのはずだよ」「たとえ自分じゃなくても、誰かが誰かのことを思っているってことに、みんななぜか心を動かされる」「それでみんなもそれぞれ誰かのことを思って、それがめぐりめぐっていつか…」。このマンガがなぜこんなにも楽しいのかといえば、森田やリタのその時々の幸せが、十全に描かれているからに他なりません。

 一方、ある男の底抜けの不幸を描きながらも、滅法笑えるのがカレー沢薫先生の『やわらかい。 課長 起田総司』1(講談社)です。主人公の起田は同期の出世頭でしかもイケメン。誰もが羨むそのスペックの裏で、実は彼には重大な悩みがありました。それはED。起田を狙って迫り来る女たち。しかしピクリともしない彼のナニ。本来ならば、うはうはのハーレム的な状況であるはずが、今の起田にとっては生き地獄となります。

 高速で繰り出される下ネタの連打は、もはや下ネタが下ネタであることを忘れさせるほど。むしろある種の品格すら感じさせます。性別にかかわらずオススメしたいギャグ作品です。

 2月はほかにも都陽子先生の新作『地下アイドル、職場の男にバレまして』(祥伝社)や、『千年万年りんごの子』(講談社)の田中相先生によるバレーボールマンガ『その娘、武蔵』1(講談社)、雁須磨子先生が国語の教科書を題材とした連作集『こくごの時間』(秋田書店)、完結巻となるやまもり三香先生『ひるなかの流星』12(集英社)などが印象的でした。こちらもぜひ。

花粉シーズンこそマンガよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  2. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  3. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  4. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  5. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  6. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  7. アンチ急増中miwaの業界評
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  10. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  11. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  12. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  13. 不幸が続く山口智充の不運
  14. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  15. のどちんこに勃起するLLサイズの巨根男
  16. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  17. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  18. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  19. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  20. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  4. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  5. 実力Jr.仲田拡輝、退所か

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  4. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ