イケメンドラマ特捜部【ジャニーズ&イケメン俳優】

『セカンド・ラブ』で“カッコよさの塊”を演じる亀梨和也が抱える、俳優としての課題

kamenashisecondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 先日、「週刊ポスト」(小学館)から『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)の深田恭子について電話取材を受けた。取材で話をした女性ライターによると、このドラマ枠は子どもが寝静まった後で主婦が見るには最適なドラマ枠らしく、変な言い方だが“夜の昼ドラ”として機能しているらしい。確かに昼よりは夜の11時の方が見やすい時間帯なのだろう。

 『セカンド・ラブ』はKAT-TUN・亀梨和也が演じるコンテンポラリーダンサー・平慶(たいら・けい)と、深田恭子が演じる高校教師・西原結唯(にしはら・ゆい)のラブストーリー。慶はドイツのカンパニーから契約を切られ、ダンサーとして才能の壁にぶつかっていた。一方、結唯は、同僚の高柳太郎(生瀬勝久)とは5年前から不倫関係にあり、過保護な母親(麻生祐未)との2人暮らしは閉塞感に包まれていた。そんな慶と結唯が出会ったことで、2人の運命は大きく変化していく……。

 脚本は『セカンドバージン』(NHK)の大石静。男女のメロドラマを得意とする大石らしい作品で、第1話で亀梨と深田が演じた濃厚な濡れ場は大きな話題となった。もちろん、濡れ場といっても、ヌードも背中越し、との他愛のないものだが、2人が薄暗いアパートでセックスする過程をじっくり見せることで、ねっとりとしたいやらしさを醸し出すことに成功していた。

 おかしいのは、毎話、2人がセックスすることがパターン化し、まるで『水戸黄門』(TBS系)の由美かおるの入浴シーンのようなお約束となっていること。サービスシーンと言ってしまえばそれまでだが、こいつらいつもヤッてるなぁという印象だけが強く残る。また、第3話以降は、結唯の母親・真理子の毒親っぷりと、結唯の不倫相手の高柳先生がサブキャラとは思えない暴走を始めていて、こちらも目が離せない。傷を舐め合うような慶と結唯の関係も、慶が振付師として売れ始めたことで崩れていき、2人の関係はだんだんギクシャクしていく。

 そんな渦中でも、とりあえず「やることはやってる」のが男と女のしょうもなさが出ていて実に愛おしい。ご都合主義的な大石静のストーリーテリングに翻弄されるのは実に楽しく、まさに“夜の昼ドラ”といえるコテコテの展開だ。

 そのため、思わず爆笑してしまいそうになることの多いドラマだが、演じている俳優はいたって真面目である。中でも亀梨の平慶という役柄への没入ぶりにはハラハラするものがある。

「カッコいい俺とは何なのか?」、これちゃんと亀ちゃん考えて!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ