[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『花燃ゆ』視聴率低迷の救世主はSMAP・木村拓哉!? 過去には幻の“キムタク大河”構想も

2015hanamoyu.jpg
『花燃ゆ』(NHK)公式サイトより

 現在放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の視聴率下降が止まらない。この状況を打破すべく、後に登場予定の坂本龍馬役としてSMAP・木村拓哉の名前が挙がっていると、14日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が伝えている。同誌によると、木村のほかにも2010年の大河ドラマ『龍馬伝』で龍馬を演じた福山雅治や、今話題の西島秀俊、若手からは福士蒼汰や佐藤健など、とにかく数字の取れそうな人気俳優の名前が出演者として浮上しているという。

「視聴者の“大河離れ”を意識して『花燃ゆ』は特に若年層をターゲットにし、主演の井上真央を取り囲むように大沢たかお、伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大といった話題のイケメン俳優らを揃えて発進。しかし、進む話数と反比例するように、平均視聴率ワーストを更新し続け、2月15日放送回ではついに11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にまで落ち込んでしまいました。一部マスコミからは、12年に年間平均視聴率12.0%の大河ドラマ史上ワースト記録を残して幕を閉じた『平清盛』を彷彿させるともいわれており、この危機的状況を打開してくれる“救世主”が必要なのでしょう」(芸能ライター)

 そこで名前が挙がった新たなイケメンたちだが、ひときわ目を引くのが木村の名前。同作には少年隊・東山紀之が桂小五郎役で出演すると伝えられているが、昨年のV6・岡田准一主演の大河ドラマ『軍師官兵衛』が発表された12年頃には、関係者の中で「15年度の大河ドラマ主演は木村拓哉」といわれていたという。

「もともと10年の福山主演『龍馬伝』の龍馬役は木村という話だったし、また15年の主演は木村で内定とNHK関係者が漏らしており、一部で『15年大河ドラマは木村主演、織田信長』と報じられたこともありました。木村は06年公開の『武士の一分』、また14年の『宮本武蔵』(テレビ朝日系)と時代劇に意欲を見せるようになっていて、『ジャニーズサイドはこの2作品は大河ドラマ主演のためのステップアップにしてるのでは?』といわれていました」(テレビ局関係者)

 SMAPと大河ドラマといえば、04年に三谷幸喜脚本の『新選組!』で香取慎吾が主役を務めたが、年間平均視聴率は17.4%で、“大ヒット”とはならなかった。しかし木村の主演で大コケは決して許されないと、関係者の力の入れようも相当なものだったようだ。

「しかし視聴率20%超えを目指した『宮本武蔵』は、前編が14.2%、後編12.6%とパッとせず、結局話は流れてしまいました。大河ドラマは井上が主演、また木村は今年4月クールに『アイムホーム』で初のテレ朝連ドラ初主演という形に落ち着いたものの、木村の大河ドラマ主演は、最終的にNHK側が断ったと言われているだけに、ここへきて“キムタク頼み”では先が思いやられますね」(同)

 木村に熱い視線を送るNHKだが、一度断った相手に再度オファーとは都合が良すぎる展開。それだけ切羽詰まった状況ということだろうが、果たしてサプライズ出演は誰に決まるか。続報が待たれる。

三又又三も坂本龍馬やってるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー