[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」3月号

暴言・妄言・上から目線! 「CLASSY.」がモテ言説に“男の本音”を悪用しすぎてる問題

classy.1503.jpg
「CLASSY.」2015年3月号(光文社)

 今号はタイトルだけで気になってしょうがない企画「接近戦もOK!の『壁ドン』美容」から、「CLASSY.」レビューを始めたいと思います。昨今の流行語サイクルは目まぐるしく、「壁ドン」もすでに古いという感じが否めないのですが、そういう細かいことは気にしない「CLASSY.」。「急にロマンティックなシーンが訪れても慌てないケアが必要」と、5つのシチュエーションごとに求められる美容ケアを紹介しています。

 そして「CLASSY.」がシチュエーションを設定しだしたら、トンデモ妄想をぶち上げると相場は決まっています。まずはその1、イケメン先輩からの会社で突然の「壁ドン」。その2、サークルの追いコンで憧れの先輩から「俺じゃダメか……?」といった「あすなろ抱き」。その3、ホームパーティーで彼からの“熱ある?”系「おでこタッチ」。その4、初デートの港の見える丘公園での大胆「顎くい」。その5、プレゼン成功後、イケメン先輩からのご褒美「頭ポンポン」。どうですか、この「壁ドン」を切り口に展開される昭和トレンディドラマ。美容グッズが全然頭に入ってこない、まさに「CLASSY.」の真骨頂です!

<トピックス>
◎接近戦もOK!の「壁ドン」美容
◎特集 あなたのカジュアルに「カッコいい」は足りてますか?
◎切実です! 30代の出会いと別れ

■何度目かの「○○こそモテる時代」

 今号の特集は「あなたのカジュアルに『カッコいい』は足りてますか?」です。ついに「CLASSY.」が「こなれ」を飛び越え、「カッコいい」を求めてきました。「デニム、スウェット、スニーカー、キャンバスのトートバッグ……。こなれカジュアルの必須アイテムだけでコーディネートしてるから間違いないはずなのに、どうも子どもっぽくなったり、ほっこりしすぎたり、いまいち決まらないことありませんか? 実はカジュアルをオシャレに見せるのに絶対必要なのは“カッコいい”という要素」。マジですか……こなれろこなれろと煽るから慣れないコンバースを一生懸命履いてきたというのに……ああ早く言ってよ!!

 ではどんなスタイルが“カッコいい”カジュアルなのよ~、とページを開いて愕然。その答えは、

「痩せて見えればそれだけでカッコいい」

 ……ウソでしょ!? 思わずひっくり返したちゃぶ台が華麗に3回転しました……。リードには「“カッコいい女性”をイメージした時に頭に浮かぶのは、すらりと伸びた脚、キュッとくびれたウエスト…とにかくスタイル抜群の像」とありまして、そりゃそうでしょうよ、すらりのキュッがカッコいいでしょうよ、でもすらりのキュッだったらそもそも「こなれ」で悩まないでしょうよ!!

 そんなこんなでこちらの企画では、“すらりのキュッ”に少しでも見せるアイテムの組み合わせを模索しています。そのステップ1が「『太って見える』原因を探せば『痩せて見える』服が見えてきます!」。太って見えるの反対が痩せて見える……そりゃそうでしょうよ(本日2度目)! 「柔らかなダウン素材がまるで肉襦袢のように上半身全体を覆う」→「体の肉感を拾わない硬さのある素材がベスト」、「コクーンシルエットが体の丸みと脚を太さを強調してしまう」→「ひざ上5~10cmの厚手素材タイトですっきり見せる」など、NGアイテムと正解アイテムを並べて掲載していますが、ここで気づいてしまいました。ダウン、コクーンスカート、ミディ丈スカート、グレーのインナー……「太って見える」とされるこれらアイテムが、少し前に「この秋冬キてるアイテム」として紹介されていたことを。これぞ「CLASSY.」名物、いや女性誌名物、揺り戻し!

「CLASSY.」と「ジョージア」のCMは、男性への悪質な偏見を植え付けるからな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー