嵐、2015年は“外に向かう活動”を本格化? 頂点を極めたグループの方向性を占う

20140214-arashi.jpg
いまや誰もが知る国民的アイドルとなった嵐。

【リアルサウンドより】

 2014年、嵐は結成15周年を迎えて大いに活躍した。前半は松本潤が『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)、二宮和也が『弱くても勝てます』(日本テレビ)、大野智が『死神くん』(テレビ朝日)とそれぞれドラマの主演を務め、さらに各ドラマの主題歌も歌い、シングル総売上が2000万枚を突破。夏には、10年ぶりとなる主演映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』が上映され、計36万人の観客を集めた。9月にはグループが結成された土地であるハワイでの特別公演も開催、海外メディアでも取り上げられ、多くの人々の注目を集めた。10月には新アルバム『THE DIGITALIAN』をリリース、発売初週で66万枚を売り上げる大ヒット作となった。さらにはその世界観を5大ドームツアーで表現し、アーティストとしても新たな地平に立った印象だ。年末にはアナウンサー以外では史上初となる5年連続での『紅白歌合戦』司会を務め、アイドルグループとして頂点を極めた1年を締めくくった。

『THE DIGITALIAN』の初回限定盤に収録されたメイキング映像で櫻井翔は、同作が15周年目を総括するようなものではなく、“デジタルと嵐の融合”をテーマにした挑戦的な作品となった理由について「15周年で我々はなにかを形にするということを選ばなかったから。15周年でどうこうというより、もっと先を見ましょうというスタンスを示している」と今後について語っていた。では、その“もっと先”とはなにを指し示すのか。本稿では最近の彼らの活動から、そのビジョンを探ってみたい。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー