嵐、2015年は“外に向かう活動”を本格化? 頂点を極めたグループの方向性を占う

20140214-arashi.jpg
いまや誰もが知る国民的アイドルとなった嵐。

【リアルサウンドより】

 2014年、嵐は結成15周年を迎えて大いに活躍した。前半は松本潤が『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)、二宮和也が『弱くても勝てます』(日本テレビ)、大野智が『死神くん』(テレビ朝日)とそれぞれドラマの主演を務め、さらに各ドラマの主題歌も歌い、シングル総売上が2000万枚を突破。夏には、10年ぶりとなる主演映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』が上映され、計36万人の観客を集めた。9月にはグループが結成された土地であるハワイでの特別公演も開催、海外メディアでも取り上げられ、多くの人々の注目を集めた。10月には新アルバム『THE DIGITALIAN』をリリース、発売初週で66万枚を売り上げる大ヒット作となった。さらにはその世界観を5大ドームツアーで表現し、アーティストとしても新たな地平に立った印象だ。年末にはアナウンサー以外では史上初となる5年連続での『紅白歌合戦』司会を務め、アイドルグループとして頂点を極めた1年を締めくくった。

『THE DIGITALIAN』の初回限定盤に収録されたメイキング映像で櫻井翔は、同作が15周年目を総括するようなものではなく、“デジタルと嵐の融合”をテーマにした挑戦的な作品となった理由について「15周年で我々はなにかを形にするということを選ばなかったから。15周年でどうこうというより、もっと先を見ましょうというスタンスを示している」と今後について語っていた。では、その“もっと先”とはなにを指し示すのか。本稿では最近の彼らの活動から、そのビジョンを探ってみたい。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク