[女性誌速攻レビュー]「AneCan」1月号

“広告代理店最強説”が崩壊! 「AneCan」の好きな男が医者・コンサルに変わった!?

anecan1501.jpg
「AneCan」1月号(小学館)

 世間は年の瀬ですが、雑誌は早くも新年号。「AneCan」(小学館)1月号には「どうせ狙うなら!“モテ”より“ウケ”の時代です!」なんて大特集が。「2015年はモテを捨てちゃうの?」とドキドキしてしまいましたが、これは……言葉の綾ですね。「いつでもモテたい!」と変換していただいて、まったく問題ございません。新年号だからか、遊び心たーっぷりです。

 ついでにもう1つ、「AneCan」の遊び心を。「年末年始7大イベントで『ウケる服』」特集を見逃してはなりません。皆さんの考える「年末年始7大イベント」って何ですか?「AneCan」では、忘年会、デート、女子会、同窓会、旅行、彼ママ、ホムパです。後ろから2番目に差し込まれている「彼ママ」とは「彼ママ訪問」らしいです。そこは「帰省」じゃないの? いやいや百歩譲ってそこは「合コン」じゃないの!? キラッキラなのはわかっていましたが、アネサーには、“結婚前提の彼がいる”という前提が共有できていませんでした。年の瀬にすごい敗北感を感じてしまいましたが、来年もそんな「AneCan」から目が離せません!

<トピックス>
◎年末年始7大イベントで「ウケる服」!~なりたい自分別コーデ28~
◎磯山さやかの「着やせできるかな」
◎衝撃!「男子が好きそうな服」が激変してる!

■グラドルの下請け先!
 なんと今月号で磯山さやかが、「AneCan」専属モデルとしてデビューしておりましたっ!! 10月号の「ぷにぷに“肉”ニット」企画で初登場した磯山さん。その時の企画が「よかった企画」で第1位になったということで、見事“ぷにモ”としてデビューしたらしいですよ。「ドッキリではありません。もちろんロンハー企画でもありません」と添えられたこの文章に、アラサーグラドルの厳しさと、「AneCan」の優しさを感じました。

 芸能界には、“可愛くて巨乳”があふれ返っています。高橋真麻や長澤まさみなど、アナウンサーや女優という肩書を持つ人が、「実は……巨乳!!」は大きな武器になりますが(真麻は武器になっているかは不明)、グラドルが可愛くて巨乳は当たり前。そして、グラドルの場合、“サイズ”よりも“若さ”が大切な武器になります。しかし、悲しいかな、人は年を取っていきます。「時間があなたを綺麗にしてくれるわよ~」なーんてことを言えるのは桃井だけ!

 しかし、この“ぷにモ”がうまくいけば、時間(年齢)を重ねたグラドルの救済として、女優(小池栄子)、タレント(優香)、ママタレ(熊田曜子……?)、セレブ婚(山本梓)に続き、モデル(ただし“ぷにモ”)という新たな成功例ができるかも。朗報や! 今後、“ぷにモ”が読モのように幅を利かせる時代を作れるかどうかは、磯山さんの活躍次第。後に続くグラドルたちの、墓標ではなく道標になってほしいものです。楽しみに見守りましょう!

年末は紅白・カウコンだけですけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー