[Jr.証券取引所]

“安心&安定”Jr.の岸優太、『近キョリ』で株価高騰! 主演ドラマで買い注文殺到ムード

kisikunkisikun.jpg
岸くん、なんで眉毛イジっちゃったの?

巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所に所属するJr.たちは、デビューを目指して日夜鍛錬を続けている。しかし、彼らを応援するファンは常に不安と背中合わせ。「この子は売れる? 次の現場はどこ? もしかして退所!?」――そんなスリルと楽しく共存できるよう、将来有望な銘柄を「Jr.証券取引所」がご案内。

【2番手ポジションで人気高騰】
岸優太(きし・ゆうた)

 2015年に向けた推奨銘柄が、岸優太だ。本銘柄の大きな特徴は、「安心と安定」。流動的なジャニーズJr.の中で、常にいい位置につけている。目立ちすぎて高騰しすぎることもなければ、暴落もない。上下動の振り幅が少なく高値安定、リスクの低い優良株だった。

 そんな本銘柄が、2014年夏以降、じわじわとさらに上昇で推移する動きが出てきた。阿部顕嵐主演のドラマ『近キョリ恋愛~Season Zero~』(日本テレビ系)で主人公の親友・奏多役を演じたことが大きなきっかけだ。主人公を見守る2番手ポジションで、切なさがにじみ出る役を好演。そして、ドラマがクライマックスにさしかかったとき、事故死してしまう。

 この役柄が大ハマリ。奏多が死亡する回はこれまでの最高視聴率を記録した。このとき大量の買い注文が舞い込み、株価は一気に高騰。ドラマ終了後、少し株価も落ち着いてきたかと思われたところ、11月半ば、15年1月スタートの新ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(同)の主演に抜擢されたことが発表された。一旦下がるかと思ったところでの、ドーン! さらに上昇気運が高まる状況だ。

 「Myojo」(集英社)誌のJr.大賞の結果発表など、一線で活躍するJr.への熱い注目が集まる中でのドラマ主演は大きい。15年は、バレーボールデビューの年でもある。メンバー選考の中で、スキル枠、年長枠での抜擢の可能性も高い。主演ドラマスタートに向け、今後株価はさらに上昇気配濃厚だ。

野島センセ、『49』並の狂った脚本よろしくだゼ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!