[Jr.証券取引所]

“安心&安定”Jr.の岸優太、『近キョリ』で株価高騰! 主演ドラマで買い注文殺到ムード

kisikunkisikun.jpg
岸くん、なんで眉毛イジっちゃったの?

巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所に所属するJr.たちは、デビューを目指して日夜鍛錬を続けている。しかし、彼らを応援するファンは常に不安と背中合わせ。「この子は売れる? 次の現場はどこ? もしかして退所!?」――そんなスリルと楽しく共存できるよう、将来有望な銘柄を「Jr.証券取引所」がご案内。

【2番手ポジションで人気高騰】
岸優太(きし・ゆうた)

 2015年に向けた推奨銘柄が、岸優太だ。本銘柄の大きな特徴は、「安心と安定」。流動的なジャニーズJr.の中で、常にいい位置につけている。目立ちすぎて高騰しすぎることもなければ、暴落もない。上下動の振り幅が少なく高値安定、リスクの低い優良株だった。

 そんな本銘柄が、2014年夏以降、じわじわとさらに上昇で推移する動きが出てきた。阿部顕嵐主演のドラマ『近キョリ恋愛~Season Zero~』(日本テレビ系)で主人公の親友・奏多役を演じたことが大きなきっかけだ。主人公を見守る2番手ポジションで、切なさがにじみ出る役を好演。そして、ドラマがクライマックスにさしかかったとき、事故死してしまう。

 この役柄が大ハマリ。奏多が死亡する回はこれまでの最高視聴率を記録した。このとき大量の買い注文が舞い込み、株価は一気に高騰。ドラマ終了後、少し株価も落ち着いてきたかと思われたところ、11月半ば、15年1月スタートの新ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(同)の主演に抜擢されたことが発表された。一旦下がるかと思ったところでの、ドーン! さらに上昇気運が高まる状況だ。

 「Myojo」(集英社)誌のJr.大賞の結果発表など、一線で活躍するJr.への熱い注目が集まる中でのドラマ主演は大きい。15年は、バレーボールデビューの年でもある。メンバー選考の中で、スキル枠、年長枠での抜擢の可能性も高い。主演ドラマスタートに向け、今後株価はさらに上昇気配濃厚だ。

野島センセ、『49』並の狂った脚本よろしくだゼ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク