その他
【ジャニーズ研究会レポート】

【読者アンケート】アルバム『関ジャニズム』の中で、一番好きなユニット曲は?

jkanjani07.jpg

【ジャニーズ研究会より】

 11月5日に発売された、関ジャニ∞の最新アルバム『関ジャニズム』。これまで所属していた「テイチクエンタテインメント」を離れ、8月に設立した自主レーベル「INFINITY RECORDS」に移行して初のアルバムとなり、11月17日付のオリコンウィークリーランキングでは初登場1位を飾りました。

 RIP SLYMEによる「FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN」、ヒャダインこと前山田健一が提供した「三十路少年」、TOKIO長瀬智也の「ドヤ顔人生」など、大物アーティストとのコラボが実現し、関ジャニ∞の魅力が詰まった1枚となっています。しかし、それだけでは終わらないのが関ジャニ∞。通常版のDisc2には、グループ内ユニットによる名曲が勢ぞろいしています。

 例えば、かわいらしい歌詞が印象的な安田章大&錦戸亮の『アイスクリーム』は、ほんわかした2人のイメージにぴったり。スタートしたばかりの『関ジャニズム LIVE TOUR 2014>>2015』でこの曲を披露した際には、アイスクリーム型のマイクや原色衣装で“昭和のアイドル”感を演出していました。

 ヒップホップの名曲や嵐の「A・RA・SHI」を思わせるような歌詞、そして大阪愛が詰まった『愛 Love You 』(村上信五 A.K.A KING)。この曲のPVは村上がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも何度も何度も放送され、マツコ・デラックスにイジられていますが、聴けば聴くほど味わいが出てくるスルメ曲とも言えそう!

 横山裕と大倉忠義による『アダムとイヴ』はエロティックな歌詞も驚きですが、ファンを息も絶え絶えにさせたのはPV。2人の半裸やイチゴをくわえるといったシーンは序の口、外国人女性モデルの服を脱がし・脱がされるシーン、腹筋や首筋をまさぐられるシーンなど、セクシーすぎるシーンがこれでもかと押し寄せてきます。

 丸山隆平と渋谷すばるの『道』は、ラブソングのような歌詞の中にメンバーのことを思わせるようなフレーズが入っており、ファンを喜ばせました。美しいピアノの旋律と丸山のやわらかい声・渋谷ののびやかな歌声がマッチしているとファンにも好評な一曲。

 メンバーのさまざまな個性や新たな一面が引き出された、今回のユニット曲。あなたが一番好きな曲を、その理由とともに投票ください!
(※コメントは後日、記事で使用する場合があります)

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー