[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐の売り上げ超えた! Sexy Zone新曲、初日29万枚突破も「惨め」「恥ずかしい」の声

20141120sexyzone.jpg
Sexy Zone公式サイトより

 Sexy Zoneの新曲「君にHITOMEBORE」が11月19日に発売され、同日発売のMr.Childrenらをおさえて、オリコンデイリーランキング1位を獲得した。今回は多種の特典を用意する商法が功を奏したのか、初日売り上げは10月発売の「男 never give up」の約8.7万枚を大幅に上回り、約29.9万枚を記録した。

 「男 never give up」に続いて、佐藤勝利・中島健人・菊池風磨の3人体制でリリースされた「君にHITOMEBORE」。中島主演ドラマ『黒服物語』(テレビ朝日系)の主題歌で、歌謡曲テイストの大人っぽい楽曲となっている。販売形態は初回限定盤4種、通常盤、Sexy Zone Shop盤3種に加え、「デビュー3周年記念ポニカ」というミュージックカードを販売。3人と松島聡・マリウス葉、集合の6バージョンを2タイプ(計12種類)展開し、これまでにない大掛かりな“特典商法”が話題となっていた。

「カードの値段は通常のCDよりも安価な300円ですが、CD売り上げに反映されるため、今回のような高記録につながったのでしょう。また、レコード会社・ポニーキャニオンの特設サイトでは対象商品を購入し、応募するとメンバーとのハイタッチ会に参加できるキャンペーンも実施していました。そんな甲斐あってか、サイトにはSexy Zone Shop盤やミュージックカードにそれぞれ『完売しました!』というコメントがついています。ネット上では初日の記録について、ファン以外から『売り方がえげつない』『Sexy Zoneの寿命を縮める売り方』『やり方が汚い』などと、批判が殺到しています」(ジャニーズに詳しい記者)

 このような手法で、自己最高記録を更新する好スタートを切ったSexy Zone。4月に発売された嵐のシングル「GUTS!」の初日売り上げ18.7万枚や5月の「誰も知らない」の22.9万枚を超えた。

「Sexy Zoneファンからは、売り上げを伸ばすためにCDに参加していない松島&マリウスの特典も含まれていることに、『2人を利用している』不満が噴出していました。松島&マリウスが外れた3人体制に不満を持つファンにとっては、今回の30万近い売り上げによって『3人のSexy Zoneも成功している』と見られてしまうことを、懸念する人もいるようです。ミュージックカードで売り上げを伸ばすやり方には、ジャニーズファンもさすがに『セクゾ惨めだな』『恥ずかしい』『本人たちがかわいそう』と、呆れている状況です」(同)

 ファンにも不評な手法で“嵐超え”を果たしたSexy Zoneだが、この現状をメンバーはどう捉えているのだろうか? 週間売り上げではどこまで売り上げが伸びるのかにも、注目が集まる。

アイドルが売ってるものってなんなのかわからなくなる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー