その他
【ジャニーズ研究会レポート】

『ファーストクラス』で連ドラ初出演の岡本圭人、自身に近い役柄ながら棒演技

『ファーストクラス』で連ドラ初出演の岡本圭人、自身に近い役柄ながら棒演技

 今年4月期に深夜枠で放送され、ファッション誌編集部における女の格付けバトル=マウンティングを描いて話題になったドラマ『ファーストクラス』。その続編が10月15日にスタートしました。  前作でマウンティングを制して、インターン編集者から編集長にまで上り詰めた吉成ちなみ(沢尻エリカ)が、今作では出版業界を退き、デザイナーに転身。矢野竜子(夏木マリ)創設のファッションブランド「TATSUKO YANO」で働き始めるも、会社は経営危機に陥ります。第1話では、経営を立て直すべく雇われた敏腕クリエイティブディレクターの廣木リカ(木村佳乃)が、今年の秋冬コレクションをたった一週間で発表すると宣言。ちなみも新規デザインを提出する社内コンペに参加することになったのですが、ちなみの活躍を恐れるデザイナーの多武峰凪子(ともさかりえ)が、アシスタントの冴木大五郎(中村倫也)を使ってちなみを封じ込めようと画策。早速女の戦いが勃発します。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ファーストクラス』で連ドラ初出演の岡本圭人、自身に近い役柄ながら棒演技のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!