[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『HERO』連続20%超で独走! 『金田一』も視聴率上々なのに「主題歌が期待はずれ」!?

kindaichineoo.jpg
『金田一少年の事件簿N(neo)』(日本テレビ系)公式サイトより

 9月8日に放送されたSMAP・木村拓哉主演ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の第9話の平均視聴率が、20.2%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得したことがわかった。前週の20.5%から微減してしまったものの、2週連続で大台にのぼり、今期6回目の20%台を記録した。

 2001年放送の第1期は全話の平均視聴率34.3%と、大ヒットした『HERO』。連ドラ終了後、5年ぶりに単発のスペシャルドラマが制作され、07年9月には映画化もされるなど人気が衰えることはなく、今作も初回から26.5%と好スタートを切った。4話で18.7%と最低記録を更新するも、そのまま下降することなく高数字をキープしている。

「初回以上の高視聴率はいまだ出せていませんが、視聴率が落ち込んでいるフジテレビの現状から見れば『HERO』の視聴率は十分合格ラインといったところでしょう。また、一部では当初から続編に加えて『すでに映画化も決定している』と伝えられてきましたが、9月6日付のスポーツニッポンに掲載されたインタビューでは興味深い記述も。主演の木村が、シリーズがさらに続くかどうかについて『(主人公の)久利生(くりう)公平は、なかなかくたばらなさそうなキャラクターではありますよね』と、意味深にコメントしたそうで、第3期や映画化の可能性もゼロではないようです」(芸能ライター)

 一方、『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の放送のため1週間のブランクが生じた、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演『金田一少年の事件簿N(neo)』(日本テレビ系)は、9月6日に第7話を迎えた。ドラマは1週休みを挟むと次週の視聴率は下がる傾向にあるが、今回は6話の11.0%からアップし、11.9%を獲得した。

「視聴率は初回2時間SPの12.4%に次ぐ2位の記録でしたが、同作の主題歌でHey!Say!JUMPの新曲『ウィークエンダー』(9月3日発売)の売り上げは、前作を下回るスタートとなりました。発売初日は約8.1万枚を売り上げてオリコンデイリーランキング1位に輝いたものの、2月発売の前作『AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ』は初日で約10.3万枚でしたからね。順位は1位にとどまっているため、週間ランキングでの1位獲得は確定的ですが、土曜午後11時台のドラマでメンバーの中島裕翔&高木雄也が出演している『水球ヤンキース』(フジテレビ系)の主題歌『明日へのYELL』との両A面シングルにしては、少々期待はずれなスタートになってしまいました」(同)

 10月からの月9は、小栗旬主演の『信長協奏曲』(フジテレビ系)、『金田一』の後枠は関ジャニ∞・丸山隆平『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)と、それぞれ次枠が待機。いよいよ終盤に差し掛かる『HERO』と『金田一』、残る話数の視聴率はどうなるのだろうか?

土曜夜へのモチベーションが高すぎる名曲!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク