[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

NEWS・手越祐也に口説かれたキャバ嬢が激白! キラーフレーズは「1人じゃ寝られない」


口説きスタイルは“甘えん坊”だった手越

 7月に都内キャバクラで、サッカー日本代表・内田篤人選手との「キャバクラ密会」を報じられたNEWS・手越祐也だが、これでキャバ通いも落ち着いたかと思いきや、その後も何食わぬ顔で同店を利用し続けていたようだ。そんな中、同店で働く従業員から、手越の“くどき文句”を聞くことができた。

「手越が常連なのは、TBSから程近い赤坂のキャバクラ『B』(既報)。彼の指定席は決まって奥まった場所にある半個室のVIP席です。そこに手越の“兄貴分”を自称する飲食店オーナーとともに、時間帯関係なく訪れるんだとか。従業員の中には手越ファンの女の子もいるそうですし、本人としてもVIP扱いは気分がいいようですね」(週刊誌編集者)

 「B」は従業員が女子大学生中心という和気あいあいとした雰囲気の店で、従業員への厳しいルールやノルマなどもまったく存在しない。それだけに、中には客と一線を超えてしまうような従業員もいるようだ。今回、手越に「口説かれた」という元従業員の女性が、衝撃の“手越ナンパ術”を明かしてくれた。

「手越くんは、とても芸能人と思えないくらい、どんな女の子とでも番号やアドレス、LINE交換に応じるんです。送られてくるメッセージは決まって、『今からここに来れる?』という内容ですね。昼夜問わずに送られてくるんで、『この人どんだけヒマなの?』と思っていました(笑)」

 こうした誘いメールを送ってくるとき、手越は決まって「友達と来てもいいから」「こっちが誰か呼んでもいいから」と、「決して1対1を望んでいるわけではない」と強調するのだという。

「それで安心してしまって、引っかかる女の子も多かったんじゃないかな。それで、いざサシ飲みが始まると、絶対に言う口説き文句があるんですよ。『俺、1人じゃ寝られないんだよね』っていう。つまり『添い寝してほしい』という意味なんですけど、当然ハグやら何やら、ただ寝るだけじゃ済まされません」(同)

 「B」の従業員の中には、こうして手越に誘われ自宅で一夜を共にした者が何人も存在するのだという。

「家に行かずにただ飲みに行く……という場合は、全然相手にしてくれないですね。一緒に来ている飲食店オーナーの店に連れて行かれて、本人はすぐ帰ってしまい、女の子側がお会計をするハメになってしまった、なんて話もあるみたい。うちのお店にはお金を落としてくれているでしょうが、従業員の私たちからすれば、確実に“問題客”扱いですよ」(同)

 こうして手越の“お遊び”はいまだとどまるところを知らないようだが、今に降格・退所もやむなしのビッグスキャンダルを巻き起こしてしまわないか、見ているこちらがヒヤヒヤしてしまう。
(須田恭也)

キャバ嬢のメアドを奪う前に、日本中のハートを奪うべき

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク