その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「あれは自分のコピーロボット」、中山優馬がスペオキの孤独と苦悩を激白

jnakayama02.jpg
「観客には痛そうに見えたりもするけど、当の本人はそれほど痛くない」という言葉がせつなかった……

【ジャニーズ研究会より】

 Hey!Say!JUMP山田涼介と知念侑李とのユニット・NYCが事実上の活動休止状態となり、昨年からソロ活動をスタートさせた中山優馬。2008年には『バッテリー』(NHK)でドラマ初出演にして初主演を務め、翌年にも主演ドラマ『恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~』(フジテレビ系)がスタート。キャリアが浅いながらも『NHK紅白歌合戦』に出演するなど、ジャニー喜多川社長の“スペオキ”(スペシャルお気に入り)として知られていますが、その裏では知られざる葛藤・苦悩を抱えていたようです。「Myojo」(集英社)9月号の10000字ロングインタビュー「裸の時代~僕がJr.だったころ~」では、かなり踏み込んだことを話しています。

 異例の“ゴリ推し”が一部のジャニーズファンから批判を呼んでいた中山。当時は本人にとっても心苦しい気持ちがあったようで、地元・関西を飛び出して、自分の名前が前面に出る活動が増えていったことに対する思いを赤裸々に語っているほか、09年に中山優馬 w/B.I.Shadowに山田・知念を加えたユニット「NYC boys」として『NHK紅白歌合戦』に出場したことに対しては、

「まわりを見てもすごい人ばっかりなんで……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク