しいちゃんの芸能解説講座【裏】

辻希美は株上昇、セカオワ・Fukase交際宣言は話題作り? “叩かれ芸能人”の最新評価

tsujichan.jpg
『のんちゃんぷる ‐mother‐』(講談社)

編集S 世間はお盆休みらしいけど、夏休みらしいイベントがビールを飲むくらいしかないわあー。あっ、でもこのあいだ海に行って来たわよ。もちろん、泳ぐんじゃなくて、10~20代のピチピチ男子の裸体を拝み倒して来たわ! 5~6人のグループを見つけたときには「まとめてかかってこぉぉい!」とガッツポーズしたわよ!

しいちゃん また、変態めいたことやってるのね。人生終わってるそんなあなたに、今日は感動の話題をお届けします! ガチで泣くから覚悟してね。8月12日に放送された『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、辻希美が2007年に20歳で杉浦太陽と結婚し、同年第1子を出産した頃のことを振り返ったの。当時、若いママタレは珍しく、「『ままごと夫婦なんじゃないか』みたいなこととか、すごい言われていて、ブログやっててもコメントとかも嫌みだったりとかいろいろ言われて」と告白。「ブログに子どもの後ろ姿なりいろいろ出したりとかもしてて、子どもは何もしてないのに、子どもの悪口を言ってきたりとか、ブログを書くのも怖くなったりとか、『言ってるのはあの人かな』とかそういうことも思っちゃったりしてました」と人間不信に陥っていたんだって。

編集S へえ、辻ちゃんって自分がネットで叩かれていることを知らないか、知ってても気にしないでスルーしてると思ってた。それで、感動ポイントまだ? 映画『ドラえもん』でも泣ける簡単な私の目がパッサパサよ。

しいちゃん 慌てないで! それで悩んでいるときに、ファンから「北斗さんのブログを見て」と教えられたそう。北斗晶とは交流はなかったんだけどブログを見てみると、そこに「若夫婦が一生懸命に育ててる子の成長を、一緒に何故喜んでやれない!? 褒めてやれない!?」「頑張れよ 若夫婦 これからも気にせず でっけリボン一杯、頭につけて 華やかに どっかんとやれ」「若夫婦が楽しく日々、親子3人で笑って過ごせる事を……埼玉からおばちゃんは願ってるよ」(2009年5月22日付け)とメッセージが書いてあった。はっきり名前は出ていないものの、自分のことだとわかった辻は、「めっちゃ泣きました。何度も見て何度も泣きました」「今自分がここにいて……北斗さんのおかげだなっていうのは本当に思います」と番組であらためて感謝してたよ。どう? 泣けるでしょ。あたち番組見てホントに号泣したんだから。

編集S ちょっと大丈夫? 夏休みがつまらないからって、無理やり感動して自分を盛り上げようとしなくていいのよ。

しいちゃん ネットでは、辻ちゃんに対して「立派」「頑張っている」「無関係の人が批判コメントするのはやっかみ」という励ましの声があったわ。普段叩かれてばかりの辻ちゃんだけど、よかったね。一方では、まだ「批判に耳を閉ざし、自分に甘い言葉しか聞かない」「炎上商法のおかげの今」と痛烈に批判する声もあるけどね。北斗によれば、こういうことは辻だけでないんだって。若いママタレと一緒に食事をしても、子どもをほったらかして外で食事をしていると批判されてしまうから、「今日、私は北斗さんと一緒に食事をしてなかったことにしてください」と言ってきたり。

編集S アンチってブログを細かくチェックして、行動のアラ探ししてるよね。辻ちゃんは、そういうアンチに突っ込まれやすい隙が多いのは事実。

しいちゃん そんな辻は、8月11日に公式ブログで夫の杉浦太陽や子どもたちと一緒にプールへ行ったことを報告し、白のビキニ姿や夫婦の2ショットなどを公開してる。杉浦の公式ブログでも同様の写真が公開されてるよ。杉浦は筋トレ中らしく、細いけどいいカラダしてるわよ~。辻が作る料理っていつもカロリー高そうだけど、夫婦2人ともスリムなスタイルを保っていることが不思議。プロ意識かしらね。

編集S 杉浦ってネットで調べるとザクザクと黒いウワサが出てくるんだけど、『キッチンが走る!』(NHK)を見てると、イイ子に見えるのから不思議。やっぱり、長いこと芸能界にいるだけのことあるわ~。

しいちゃん 水着姿といえば、平子理沙が8月10日にInstagramで、12年4月に発売したCD BOOK「VEGAS Risa Hirako」(宝島社)に使用した水着の写真をあらためて掲載。ファンから、「女神」「りちゃは美神」「本当に天に恵まれた方ですよね!!」「女でも惚れてしまう体ですね」と絶賛されてる。

編集S なぜ唐突に2年前の写真をいまさら持ち出したんだろ。吉田栄作と別れるための荷物整理とかじゃないよね?

しいちゃん そこが謎よね。8月4日のInstagramには、2009年に発売した写真集『Etoile』(講談社)に掲載したセミヌードを掲載してる。なぜ5年も前の写真をねえ……。一部の女性たちからは「若さ、というか少女にこだわるのが理解できない」「若さにそこまで執着しなくても綺麗なのに」「日本の若い子至上主義文化に飲み込まれた悪あがきおばさんになりそう」という批判もある。今、43歳。今後、どういう路線でいくつもりなのかしら。故大屋政子や吉川幸枝かな。

編集S やっぱそこは、栄作を見習って白T&Gパンでしょ! リメンバー、90年代!

しいちゃん 今後が気になるといえば、SEKAI NO OWARIのFukase。8月8日、映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』(8月15日公開)の先行上映会が行われたんだけど、そこでのトークで作品中の新幹線での移動のシーンがグリーン車じゃなかったことを指摘され、「僕らは贅沢しないんです。グリーン車に乗ったことがないです」と回答してた。セカオワは熱狂的なファンがいる一方で、ネットユーザーには叩かれがち。この発言にも、「オワコン」「売れてないんじゃ?」「セコいイメージアップ必死」という揶揄が多い。

編集S グリーン車だろうが普通車だろうが、どっちでもいいよ……。

しいちゃん Fukaseは、8月12日にTwitterで「ビアガーデンって二人で行くとシリアスな話になった」とツイート。かねてよりきゃりーぱみゅぱみゅとたびたびデート現場が目撃されているため、ファンが一緒にいるのはきゃりーなのか質問すると「まぁ、そうです」、付き合ってるのかという質問にも「まぁ、そうだね」とあっさり告白。これまで明言してこなかったけど、ついに交際を認めたの。1年で結婚は早いのでは、というコメントには、「もう二年だけどね」、きゃりーの好きなところについての質問には、「お年寄りと子供に凄く優しいところです」と語ってた。

編集S 「ビアガーデンに“二人で”行った」とツイートした時点で、きゃりーに関する質問を待ってたよね、絶対! そういうところ、ネット民に完全に見破られているから、あんまり小細工しないほうがいいと思うんだけどなぁ……。

しいちゃん 案の定、ネットユーザーからは「今さらだな」「どっちも売れてるのは今だけ」「映画の宣伝のためにプライベート切り売りなの?」と皮肉めいた意見が続々と……。ちなみに、きゃりーぱみゅぱみゅは、『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)の主題歌、および4月に公開された『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌を歌っていて、セカオワは、昨年の映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』のエンディングテーマを担当。そのため双方ともちびっ子に人気らしいという説がある。

編集S ハ? そんな話、聞いたことないけど? それより、SEKAI NO OWARIのピエロ・DJ LOVEにもたまには注目してあげてよ。このクソ暑いのに、ピエロの格好させられて熱中症になるわよ。あ、でもDJ LOVEに好奇の目が集まっちゃうと、かまってちゃん・Fukaseが彼を攻撃しちゃうか……。めんどくせーな、SEKAI NO OWARI!

『キッチンが走る!』のジジババウケ絶大だからな!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー