不倫の是非を問う次元じゃない

加藤茶の嫁・綾菜、年商80億の20代セレブ社長を“ポスト茶”にロックオンのうわさ

ayanafashion.jpg
加藤綾菜ブログより

 かねてより、「ろれつが回っていない」「激痩せした」など、体調面に心配の声が上がっている加藤茶だが、今度は45歳年下の妻・綾菜に、ある衝撃的な疑惑が浮上した。“ポスト茶”として、ある20代の会社社長を狙っているのではないかと、ネット上でうわさされているのだ。

 気になるその社長は、東京・西麻布で化粧品・健康食品の企画・販売、広告代理業、コンサルティングなどを行う会社を経営している、現在28歳のK氏。有名アパレル会社で“カリスマ販売員”といわれるほどの業績を上げたのち、21歳でインターネット広告代理店を起業。初年度に1億円の収益を上げたというやり手だという。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)や『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)などに出演し、「年商80億」と紹介されたこともあるほか、与沢翼氏とも交流を持っているというセレブ社長だ。

「綾菜とK氏は、仲良しグループの友達のようですね。6月上旬には、グループでピクニックに行っていたことが、参加者のブログから発覚しています。なぜ、『狙っている』といううわさが立ったのかといえば、きっかけはFacebookでした。K氏がオフィス移転のため物件を探しているという投稿をしたところ、綾菜が『(オフィスに)たまりにいきます』『遊びに行こっと!』などと何度もコメントをしていたんです。その様子が、ネットユーザーの目に『K氏に粘着している』と見られたようですね。ほかにも綾菜は、K氏に対して『私の性格のよさよくわかってるじゃんw(笑)』などと親しげなコメントをしており、その仲を疑う人も少なくありません」(芸能ライター)

 結婚当初から、「茶の遺産狙いだ」と疑惑の目を向けられてきた綾菜だが、茶の健康面が心配される中、新たな金脈を探しているのだろうか。綾菜とK氏のことをよく知る事情通は、2人の関係性を次のように語る。

「K氏は、『金と名声がほしい』といった上昇志向の強い女たちに広くモテるタイプ。金を持っているのはもちろんですが、彼は大物すぎないので、女たちにとって近寄りやすい存在なんです。それに彼の持つ広い人脈も、『ビジネスに使えそう』と魅力的に映るみたい。正直、あの界隈の女は、みんなK氏とつながっていたいと思っているはず。綾菜もそうやって、K氏に群がっている女の1人といったところでしょう」

 しかし、実際にK氏が“ポスト茶”になる可能性は、「ないだろう」(同)という。その理由は、茶との結婚生活にあるようだ。

「綾菜は金だけでなく、名声にこだわる女。国民的コメディアンの妻という名声を味わっただけに、K氏では物足りないでしょうね。少なくともFacebookにコメントをしているうちは、深い仲にはなっていないと思います。先日綾菜は、60代男性とのデート目撃情報が報じられていましたが、彼女が男を漁っていない時期なんてない。茶と結婚を決めた時だって、何人かの男性と並行してつきあっていて、その中から茶を選んだんですから」(同)

 K氏との今後はまだわからないが、綾菜は日常的に“ポスト茶”探しをしているようだ。まだまだ綾菜の動向から目が離せない。

ポスト茶には、(ゴシップ的に)ダルがオススメなんだけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!