その他
【ジャニーズ研究会レポート】

中島裕翔&高木雄也の演技力と体型は微妙だけど……『水球ヤンキース』は「意外と面白い」

jnakajimayuuto02.jpg
「赤いパンツ姿の裕翔がジャイアント馬場に見えた」というコメントが秀逸でした

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

『水球ヤンキース』(フジテレビ系、毎週土曜23時10分~)初回視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 リメーク第2弾となった今期のドラマ『GTO』(フジテレビ系)をはじめ、『ROOKIES』(TBS系)や映画『クローズZERO』など、近年のエンタメ業界においてヒット作のキーワードになっているのが「ヤンキー」。そんな“ヤンキー飽和状態”の中で、また一つ新たな作品が誕生しました。それが、7月12日にスタートした、Hey!Say!JUMP中島裕翔主演の『水球ヤンキース』(フジテレビ系)です。

 主人公の稲葉尚弥(中島)は、親の都合で長らく海外生活をしていたものの、10年ぶりにはすみ町に戻り、「カス高」と呼ばれている霞野工業高校に編入します。尚弥の幼なじみで、名門・水蘭高校水球部のマネジャーを務める岩崎渚(大原櫻子)は久々の再会に心を躍らせますが、成長した尚弥の姿を見て、あ然。というのも、幼いころにチンピラに絡まれたところをカス高の“伝説の先輩”黒澤(関ジャニ∞・横山裕)に助けられた尚弥は、今時いないようなド金髪に短ラン、サングラスという風貌で、「頂点(てっぺん)を獲る」「気合」「根性」といった暑苦しい言葉を発するヤンキーへと変貌していたのです。

 日本屈指のチーム・水蘭高校水球部のおかげで知名度が上がったはすみ町では、カス高は町民にも見下され、水蘭高校水球部の横暴が……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク