[ジャニーズ最新言行録]

SMAP・木村拓哉、「ガム噛みながら観劇」に非難の声! 「バチが当たった」失態とは

kimutaku0412.jpg
藤ヶ谷がすぐマネしちゃうから気をつけて!

 6月9日~7月6日まで東京・東急シアターオーブにて上演されていたSMAP・香取慎吾主演ミュージカル『オーシャンズ11』。同公演にはSMAPメンバーの草なぎ剛、木村拓哉や、ジャニーズ事務所の後輩など数多くの著名人が観劇に訪れていたが、木村自身が劇場内での、とある“失態”を告白した。

 7月4日放送のラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)では、木村と同じ日に舞台を観劇していたというリスナーからのお便りを紹介。そのリスナー自身は木村の姿を確認できなかったものの、同行した夫がジャニーズの後輩に気づいたそうで、「ちなみにガムを噛んでらした方がいて『後輩くんなのにガムを噛んで観劇とは?』と思っていたのですが、それはもしかしたらキャプテン(木村)だったのでしょうか?」との質問が寄せられた。このご夫婦は関係者席の近くの座席だったというが、公演中の暗がりでガムを噛んでいるのが“誰か”まではハッキリ見えなかったのだろう。

 これに対して木村は、7月14日からスタートする主演ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の撮影が早い時間に終わったため、香取の舞台を見に行ったことを説明した上で、

「この旦那さんが言っていた、『オイオイお前、ジャニーズの後輩なのにガム噛みながら舞台観るなんて、どういうことだ!?』っていうねぇ? ホントですよね。うーん……これ、僕です(笑)」

と、自白。通常、舞台公演中の飲食は禁止されており、ましてや公人である木村が観劇中に「ガムを噛んでいた」とは、あまり褒められたことではないだろう。当の木村は「でもね~、これやっぱりバチが当たったんだろうな~。バチが!」と切り出し、自らに降りかかった災難を激白した。

 公演を見る前に、同作品は「15分間の休憩がある」と聞かされていたそうで、「長丁場だな」と思った木村は、移動車からガムを持参して劇場入り。そして、

「席に座って、まぁ“クチャクチャいわさなければいいかな~”と思って、口に(ガムを)ポンポンって放り込んで見てたんですよ。そしたら『なんかやたら硬いな、このガム!』と思ったら、久々に歯の詰め物が“ボコ!”って取れて、これどうしたらいいものかってことになり……」

と、なんともマヌケな出来事を告白。先の「バチが当たったんだろうな~」という発言は、公演中にマナー違反ともいえる行為をしたことを、自覚した上での発言だったのだろう。公演後は主演の香取や山本耕史、観月ありさに挨拶したものの、「劇場出て、その足で歯医者に行きました!」と報告していた。Twitterの書き込みによると、木村が観劇したのは6月21日の公演で、木村と同じ並びにいた後輩とは、Kis‐My‐Ft2・玉森裕太&二階堂高嗣だったようだ。

 ちなみに、そんな自身は1994年に上演された『洒落男たち~モダンボーイズ~』を最後に舞台の仕事はなく、俳優としてはドラマ・映画が中心。この話の最後には舞台出演について、

「ほかにも、たくさんのメールに『いい加減、キャプテン(木村)も舞台やってください』っていうのが来てるんですけど。う~ん……やっぱりね、お声がかからないんですよ。やっぱり小芝居ばかりしてる人間は、あんまり舞台に向いてないんでしょうね」

とボヤき、逃げるように話題を変えていた。普段から「あこがれの存在」と見られている木村だが、くれぐれも後輩が今回の木村のように、舞台観劇中にガムを噛むという格好悪い行為を真似しないよう、祈るばかりだ。

どんだけ硬いガム噛んでたのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク