高まる不信感

「覚せい剤やってない」アピールの謝罪なし!  ASKAが槇原敬之になれない理由

chageandaska.jpg
『CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A』/ UNIVERSAL SIGMA(P)(M)

 47日ぶりに保釈され、ついに姿を見せることとなったCHAGE and ASKAのASKA被告。「謝罪会見が行われるのでは」という報道もあったが、「この前日、警察関係者から『酒井法子のような対応はない。すぐに千葉県の病院に入院する』と情報提供がありました」(テレビ局警視庁担当記者)というように、この日ASKAは一言も口にすることなく、すぐさま迎えの車に乗り込んでいった。

 その後マスコミ宛のFAXでは「二度と同じ過ちを繰り返さない」とつづられていたが、ある音楽プロデューサーは「最低の対応で、復帰は絶望的だろう」と語る。

「ASKAは昨夏の『週刊文春』(文藝春秋)に覚せい剤使用疑惑を報じられた後、オフィシャルホームページや同誌のインタビューなどで、一貫して覚せい剤への関与を否定してきました。しかし今回の保釈時には、メディアを通じて世間やファンに嘘をついてきたことを、完全にスルーしている。この状態では、事務所やレコード会社としても、復帰を働きかける余地はないでしょう」(同)

 コンプライアンス重視の昨今、「一般社会に比べると復帰は容易」といわれる芸能界でも、不祥事後には仕事がまったくなくなるケースも増えてきている。

「酒井の場合も、逮捕状が出てから1週間近く姿を消したという部分について、会見などで一度も謝罪をしていません。ASKAにも、“嘘つき”のレッテルが、今後もずっとつきまとうことでしょう」(同)

 しかし一方で、業界内には「いい作品を世に提供できれば、許されてしまう」という風潮は残っているのだという。

「特に自ら曲を作れるアーティストともなると、ヒット曲1つで世論がガラリと変わることも。薬物逮捕後にSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』を提供した槇原敬之は、その典型です。岡村靖幸も3回逮捕されているのに、根強いファンがおり、復帰できています。酒井の場合も、女優として舞台に立つのではなく、音楽活動に力を入れればよかったのに……という声も業界内では聞かれますね」(同)

 頼みの綱となるはずの音楽にすがることも、結果的に難しくなってしまったASKA。まだ裁判を控える段階であるだけに、復帰の可否について論ずるのは早急であるものの、少なくとも現時点での対応は、確実に「下の下」だったといえそうだ。

美川憲一なんて逮捕から御意見番まで上り詰めちゃって

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー