高まる不信感

「覚せい剤やってない」アピールの謝罪なし!  ASKAが槇原敬之になれない理由

chageandaska.jpg
『CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A』/ UNIVERSAL SIGMA(P)(M)

 47日ぶりに保釈され、ついに姿を見せることとなったCHAGE and ASKAのASKA被告。「謝罪会見が行われるのでは」という報道もあったが、「この前日、警察関係者から『酒井法子のような対応はない。すぐに千葉県の病院に入院する』と情報提供がありました」(テレビ局警視庁担当記者)というように、この日ASKAは一言も口にすることなく、すぐさま迎えの車に乗り込んでいった。

 その後マスコミ宛のFAXでは「二度と同じ過ちを繰り返さない」とつづられていたが、ある音楽プロデューサーは「最低の対応で、復帰は絶望的だろう」と語る。

「ASKAは昨夏の『週刊文春』(文藝春秋)に覚せい剤使用疑惑を報じられた後、オフィシャルホームページや同誌のインタビューなどで、一貫して覚せい剤への関与を否定してきました。しかし今回の保釈時には、メディアを通じて世間やファンに嘘をついてきたことを、完全にスルーしている。この状態では、事務所やレコード会社としても、復帰を働きかける余地はないでしょう」(同)

 コンプライアンス重視の昨今、「一般社会に比べると復帰は容易」といわれる芸能界でも、不祥事後には仕事がまったくなくなるケースも増えてきている。

「酒井の場合も、逮捕状が出てから1週間近く姿を消したという部分について、会見などで一度も謝罪をしていません。ASKAにも、“嘘つき”のレッテルが、今後もずっとつきまとうことでしょう」(同)

 しかし一方で、業界内には「いい作品を世に提供できれば、許されてしまう」という風潮は残っているのだという。

「特に自ら曲を作れるアーティストともなると、ヒット曲1つで世論がガラリと変わることも。薬物逮捕後にSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』を提供した槇原敬之は、その典型です。岡村靖幸も3回逮捕されているのに、根強いファンがおり、復帰できています。酒井の場合も、女優として舞台に立つのではなく、音楽活動に力を入れればよかったのに……という声も業界内では聞かれますね」(同)

 頼みの綱となるはずの音楽にすがることも、結果的に難しくなってしまったASKA。まだ裁判を控える段階であるだけに、復帰の可否について論ずるのは早急であるものの、少なくとも現時点での対応は、確実に「下の下」だったといえそうだ。

美川憲一なんて逮捕から御意見番まで上り詰めちゃって

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー