上半期一番の「どの口が」案件

加護亜依、“アイドル続投宣言”にファンも呆れ顔!? 疑惑のプロジェクトには売名疑惑も

kago_ihu.jpg
威風飄々公式サイトより

 事務所移籍トラブル後、新たな芸能プロダクション「威風飄々」の所属となり、「みんなでつくる!ガールズユニットプロジェクト」を発足させた加護亜依が、29日に更新したブログで“アイドル”を続けたい思いを書き綴った。「私には時間がないです。そして私にはコレしかないです。」としているが、ネットユーザーからは「自分から捨てたくせに」「あれだけファンを失望させておいて……」との意見が書き込まれ、当時のファンも呆れ果てているようだ。

 加護は大手プロダクション「アップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)」を二度の喫煙発覚で解雇された後、2008年に「メインストリーム」から再スタート。しかし、男性トラブルや仕事のドタキャンなどが相次ぎ、結局昨年には、後ろ足で砂をかけた状態のまま、ほぼ一方的に現事務所での再々出発を報告。そして発足したのが、前出のプロジェクトだった。

「このプロジェクトは、加護以外のメンバー、楽曲、歌詞、衣装、振付け、ライブ選曲、演出などについて、全てのアイデア一般から募り、オーディションを行うというもの。しかし、発足時から『一体どこに需要が?』という意見がネット上で殺到していました。スタートから半年以上がたった現在も、楽曲と振付師以外に決定しているのは、元バクステ外神田一丁目・喜多麗美の加入のみ。ほかはすべて『該当なし』となっており、まだまだデビューは遠い道のりのようです」(芸能ライター)

 そしてこのプロジェクトの現状について、「週刊実話」(6月5日号、日本ジャーナル出版)が「単なる売名疑惑だったのでは」と報道。「今回の加護のブログは、この記事に対する反論だったのかもしれません」(同)というが、実際にオフィシャルサイトを見ると、「誰もがデビューする気配さえないと思わざるを得ない」(同)ようだ。

 さらに加護はブログで、26歳という現在の年齢について「もういい大人。アイドル?する歳なんかじゃないことは自分が一番よくわかってる!笑」「でもね・・・どうしても諦められなかった。中途半端に終わったあの頃から私は未だに抜け出せない」と綴っている。

「喫煙からスタートして数々のスキャンダルを起こし、逮捕歴がある男性とのでき婚を経た加護が、いまさらアイドルの看板で食えるはずがない。08年の再デビュー時には、周囲の関係者に『私まだ、二十歳なんだなって。これから何でもできるはず』と語っていた加護ですが、6年の間に思うような活動ができなかったどころか、刻一刻と悪くなり続ける現状に、ようやく焦りを感じ始めたのでしょうか」(同)

 アイドル続投宣言も結構だが、世間の目に留まるような“芸能活動”を、早いうちに展開してもらいたいものだ。

新メンバーにぴったりの元モー娘。メンバーを知ってる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー