[女性誌速攻レビュー]「steady.」6月号

「steady.」読者の不安げな表情に見る、アラサー世代の「私たちには何もない」感

steady201406.jpg
「steady.」2014年6月号(宝島社)

 今月の「steady.」(宝島社)の第一特集は、「私の美人色」。自分に似合う色を知って、魅力的な人になろうという企画です。まずはパーソナルカラーを知ろうということで、チャートや自己診断のためのシートがついており、なかなかの力の入れようです……が、なんだか努力の方向性がズレているような。果たしてこの努力が報われるかは、非常に怪しいです。

 次のページからは、読者のみなさんが、タイプ別に洋服やヘア、メイク、アクセサリーなど、実際のアドバイスを元に身に着けるという企画に。出ている方はみなさん本当にどこにでもいそうな普通の女の子。ほかの雑誌にも、読者がモデルとして登場する企画はありますが、だいたいはドヤ顔で自信に満ちているものなのに、「steady.」に出ている読者たちはどこか不安げなので、見ているこちらも心がざわざわ。この「steady.」を覆う不安感の原因はなんのか? 早速今月号も読んでみましょう。

<トピック>
◎カラー診断テストでわかる!私の美人色
◎涼感3カ月着回し
◎高橋真麻のエブリデイポジティブ

■謎のポエムのトホホな結末

 企画自体も、毎号冒険心のないものばかりの「steady.」。しかし今月号は、「涼感3カ月着回し」という「着回し」×「ポエム」の融合という企画がありました。

 大手カフェチェーンの中堅社員でもうすぐ30歳のOLと、ニューヨークに転勤していた同僚の元カレとの物語が展開されているのですが、なぜか要所要所にポエムが挿入されているんです。「なにこれ?」と思ったら、なんと安室奈美恵さんの初のバラードベストアルバムとのコラボ企画だったんですね。

 昨今、詩的でふんわりとした言葉遣いで、内容があるのかないのかわからないような言葉が世間にあふれていることを、「ポエム化社会」と言います。最初筆者は、この着回し企画を、「ポエム化社会を逆手に取った企画?」と思ってワクワクしていたのです。「steady.」の読者たちの、ぼんやりした日常を肯定するために、着回し企画にポエムを添えたのかと思ったのに、単なるタイアップだったとは。深読み損とでも言うべき、ぼんやりした企画で、最初に感じたあのワクワク感は静かに去っていきました……。

益若つばさはカリスマだったが(過去形)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー