[TVツッコミ道場]

ますだおかだ・岡田圭右が奇跡的に引き出した、徹子の「エジプトのラクダの思い出」

tetsukobighair.jpg
ラクダの声なんて誰も共感できないから!

 “芸人キラー徹子”。こう呼ばれるようになってから、もう何年もたった。一発ギャグや「何か面白いこと」を強いられた芸人が、「…………(無言)」「わかりました」、または「面白いと思います」というリアクションを徹子に取られて爆死・撃沈するパターンが多い。さらに、声が大きいと、「元気のよろしい」で片付けられちゃったりすることもある。

 ますだおかだ・岡田圭右は、そんな意味ではお手本のような存在の芸人なのかもしれない。一発ギャグ、すべり芸、そして大きい声。なにより、ノリが明るいので打たれっぱなしでも悲惨な空気にならないところがいい。そんなますだおかだがゲストで訪れた、4月29日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、オープニングでいきなり、「岡田さんは、声の大変大きい方でいらっしゃいますが」と、やっぱり大声を強調する徹子。これに対して、「ウーーーワオ!」と全力でギャグを披露。「あのー……なんかびっくりした」と、ギャグではなく声の大きさに注目する徹子もさすがだ。

「本当に元気なお二人」

と、やはり、大声は「元気」で処理される。しかしこの岡田の大声が災いし、『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で共演する際に、回答者席が端と端にされるようになったと徹子が語る。というのも、「『ワーオ!』って言うたんびにね、もうね、思考力がなくなっちゃって」。それは仕方ない。さて、「ちょっと面白いことやっていただきたいんですけど」と唐突に「本題」が振られた。相方の増田英彦が、「うちの相方の干支ギャグを」というと、徹子は「もうね……いいですけど……やって」。ギャグを始める前に、すでに撃沈ムードだ。それでも、岡田は干支ギャグに挑む。一発ギャグ芸人の鑑だ。

「ンニョロ! ニョロリンパ!」(岡田)
「……ほう……ちょっと長くなったんですね。“ニョロ”よりはね」(徹子)

 なんだか冷静に分析されている。続けて午年のギャグ。

「…………バ!」

 ためてからの、「バ!」。この拍子抜け具合が意外とウケちゃったのか、無言で口を押さえて笑いをかみころす徹子。

「バ! これですね、“バ!”です」

 ここぞとばかりに岡田もかぶせるが、

「エジプトの砂漠で、ラクダが鳴いたところ聞いたんですけど」

 徹子が話を切り替えてきた。

「……ボワァ~」

 徹子がラクダのものまねを出してきた。岡田の「バ!」が、ラクダを誘発してしまったらしい。「ボァ~」連発。「変わってないなぁと思ってさ」、岡田のギャグを聞きながら遠いエジプトに思いをめぐらせていたのだった。

 岡田とのやり取りは、ある意味安心して楽しめる想定内のものだが、相方・増田もじわじわと追いつめていくのが、徹子の恐ろしさだ。前回出演時には、「できると思ってさ」と、マッチと瀬川瑛子などのものまねををやらされ、コンビそろって惨敗したわけだが、今回も「じゃ、新ネタ」と、やはりものまねを強いられた。しかし、増田も徹子に挑むかのように、『ザ・ベストテン』世代だからベストテン歌手なら誰でもできると、徹子に逆ムチャぶりをする。すると徹子のオーダーはいきなり、「松田聖子!」。

「♪あーーわたーーしいのこーーいわぁ」 

正直、微妙な感じではある。しかし、徹子は「ああ、でも似てる」「メロディ、おんなじ」。似てるって、そこなのか。続いて、「ローラースケート乗ってらした、アレできるでしょ」と、光GENJIをリクエスト。「♪いわないで~いわないで~」と、返すもやっぱり、「メロディは大体そんなもんでした」とメロディの正しさで評価。続いて福山雅治、サザンオールスターズとやった後で、田原俊彦で「抱きしめてTONIGHT」を披露。すると今度は、

「……ンフフフフそういう歌あったっけ?」

 メロディが合ってるかどうかすらも判定されなくなった。「はい、学園ドラマの……主題歌……」、増田の説明が空しく響く。さらに増田のものまね地獄は続き、動物ものまねをひとしきりやらされた後で、「アタシのまねってできます?」と振られた。

「……こんにちは、黒柳徹子でございます」

 …………シーン。もう一度、

「黒柳徹子でございます。イッ!」

 「イッ!」ってこれ、鳳啓助じゃないか。「イッ、クロヤナギテツコデゴザイマス、イッ!」と、「イッ!」を連発する増田に、「……アタシ、『イッイッ』って言ってるの?」と徹子が問う。しまいには、「ワタクシクロヤナギテツコデゴザイマス、イッ! イッ! ッテ、ソンナコトワタクシイッテオリマセンデスヨ」と、増田がマネした“鳳啓助ふうしゃべりの徹子”を演じる徹子。

 イッ! イッ! ……ニョロ! そして、ボワァ~。混沌とした奇声だらけの30分でした。
(太田サトル)

クリス松村かな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに