その他
【ジャニーズ研究会レポート】

嵐・相葉雅紀、NHKでキャスター挑戦もおとぼけ発言連発

jaiba12.jpg
普通の人は搾り出せない発言をかましてくるよね

【ジャニーズ研究会より】

 『相葉雅紀のNFJ(ニッポン・フード・ジャーナル)』(NHK)が4月29日に放送されました。天然で知られる相葉がまさかのNHKキャスターに挑戦するとあって、ファンの間では大きな話題となったこの番組。タッグを組むのは落ち着いた話し方が魅力の與芝由三栄アナウンサー、コメンテーターには食通で知られる放送作家・小山薫堂を迎え、日本の食の最新情報を伝えました。

 最初の話題は、大阪で定食屋を営む村嶋孟さん。そのご飯の美味しさから「飯炊き仙人」と呼ばれてきた村嶋さんが、この6月、83歳で引退をするという話に「大阪で仕事あったかなぁ? 行けるかな~」と興味津々の相葉。相葉自身も最近は自分でご飯を炊くそうですが、そのきっかけとなったのが自身の年齢。30歳になっても365日ほぼ外食の生活を続けていた相葉は「あれ? 30を超えても自分的になにも変わんないな。これは変えなきゃいけない」と、31歳になって一念発起。自炊を始めてスーパーで食材を買うようになってからは旬がわかるようになったとか。中でもお気に入りなのが菜の花で、調理法は「ちょっと茹でてダシ醤油みたいなのかけて食べる」と至ってシンプル。

 この話に小山が「僕、嵐は相当忙しいって聞いてたんですけど、意外と暇なんじゃないですか?」と質問すると……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク