本人的にはこの世の春

「盛りのついた犬か!!」有働由美子アナ、NHK関係者が辟易する“日課”とは?

udoyumi.jpg
『あさイチ』(NHK)公式サイトより

 相次ぐ失言が問題視されているNHK会長・籾井勝人氏だが、局内からは同氏だけでなく、あの有名女子アナウンサーの言動が問題視されているという。それは『あさイチ』でV6・井ノ原快彦とタッグを組む有働由美子アナのことで、NHK関係者が、その驚きの私生活を明らかにした。

「昨年は、『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務め、『あさイチ』は現在同時間帯の視聴率ぶっちぎりトップと、いまや時の人です。そして昨年11月には、『熱愛報道』まで飛び出しました。有働アナは、週刊誌に報じられた当日、同番組で井ノ原やつるの剛士からイジられて赤面するという、微笑ましい一幕も見せていました」(芸能ライター)


 局内でも、当初は温かく見守られていたという有働アナの交際だが、実は最近になって、そのエスカレートする行動に批判も集まっているという。

「有働さんの交際相手は、報道されているようにバツイチで3人の娘さんと同居しているようです。彼女たちが成人するまで、有働さんも結婚はないと考えているそうで、現在は週末だけ逢瀬を楽しんでいるとのこと。別にお互い独身なのだから、恋愛は自由に楽しんでくれればいいのですが……実はこのところ、有働さんは週末どころか、もはやほぼ毎日彼の自宅を訪れているというんです」(NHK関係者)

 『あさイチ』の放送時間は、平日の朝9時45分まで。有働アナは、番組終了後そのほかの仕事を片付けるや否や、すぐさま港区にある彼の自宅へ直行する日々なのだという。前出のNHK関係者が、呆れ気味に続ける。

「彼氏の娘さんたちが学校に行っている時間に、有働アナは自宅デートを満喫しているわけですが、これに対してあるNHK幹部は『盛りのついた犬か!』と陰口を叩いていました。これでは、週刊誌に撮られ放題ですからね。また有働さんは、以前週刊誌に直撃取材を受けた際、上司から『放っておけ』と言われたにもかかわらず、『私が話をつけますんで!』と、勝手に自分の携帯電話から記者に“逆取材”をかけたことまであった。少々度が過ぎる行動に、局内にはおかんむりのスタッフが大勢います」

 上司の制止すら振り切る有働アナの“バラ色の日々”は、もはや誰にも止めることができない!?

オバちゃんがヤってる事実が許せないオヤジたち

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー