しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「お前が言うな」と逆炎上! 長谷川潤の子育て論に噛み付いた神田うのが大荒れ

HASEGAWAjun.jpg
長谷川潤公式サイトより

編集S この前、長谷川潤の子育てが話題になってたじゃない?

しいちゃん 4月11日に毎日新聞のウェブサイト「毎日キレイ」に掲載された長谷川潤のインタビュー「子供との距離も大事」ね。1歳半の長女をハワイの自宅に留守番させ、月1回程度のペースで日本で仕事。「寂しいし、(子供に)会いたいんだけれど、それがよかったりするのかなって」「会えない期間があることで子供に会ったときにありがたみが出てくるから。こちらにいるときは自分のことに集中できる。ずっと子供と一緒にいるとすべてが子供になって自分がセカンド(二の次)になる。こっち(日本)に来ると自分のアイデンティティーをキープできるし、大事にできるから」と語っていたって話ね。ネットでは、「親のエゴ」「子どもはさみしいと思いますよ」「いつどんな時も子どもに親は必要」「まだ1歳半でしょ…子ども中心の生活で当たり前」「母親なら、子どもがすべてになって当然」という批判が多かったのよね。

編集S ハッ(鼻息)、みんな「子育て」にかんしてはエライ勢いで“正義”を押し付けてくるわね! 「子育て」に関してはオールフリーで叩いてよしっていう条文がどっかに書かれてるわけ?

しいちゃん 4月17日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)でもこの発言を取り上げて、50人の主婦(20代から60代)にアンケート調査。76%が「理解できない」、24%が「理解できる」と回答したと紹介してた。さらに、そこに神田うのが「私は丸一日も離れていられないですね」とコメントして参戦してきたんだよ。うのは海外での仕事は受けないし、地方での仕事のときも自分の母親をベビーシッター代わりに一緒に連れて行くんだって。「子どもはやっぱり、ママいないとかわいそう」「子育てよりも大事な仕事って、世の中にないんですね」だってさ。

編集S それはそれで、また叩かれるわね。やっぱりどっかに条文が書かれているのよ!

しいちゃん 案の定、ネットではうのに対して「お前が言うな」「考えが浅い」「親を使うのは普通で、他人に預けたら外道扱いって何で」「なんでこの人っていつも自分が正しいみたいにふるまうわけ?」と長谷川を上回る勢いで猛烈な批判が殺到。長谷川は、アメリカ人と日本人のハーフで、アメリカ生まれ。2歳から14歳まではハワイで暮らしてて、日本とは子育ての習慣が違うことから、「神田うのは自分の価値観を押し付けるべきではない」という意見も。もちろん、うのの意見に同意する声もあるけど、同意する人もいちいち「うのは嫌いだけど……」と前置きしてる。

編集S 結局、うのは何を言ってもバッシングされるということね。これは子育て云々の問題じゃないね。うののタレント性の問題。

しいちゃん 気の毒だけど、どんな言動をしてもバッシングされるタレントっているのよね。たとえば、ブログの内容が叩かれがちな辻希美。4月16日に開設された「Ameba(アメーバ)10周年記念サイト」にインタビュー動画が掲載されているんだけど、「自分にとってブログとは?」という質問に、「体の一部」と返答。「自分の中で発散場所でもあるし、で、会う人会う人に本当『見てます!』って言ってくれるので、それは本当に感謝してますし、これからも続けたいなっていう風にはすごく思っています」と語ってた。

えいちゃん 辻の「発散」を、また誰かが叩いて「発散」するっていうんだから、「発散」のリサイクルじゃない? もしかしてエコ? にしても、辻のポジティブさはすごいわね。

しいちゃん 芸能記者サンによれば、「辻は、ブログに掲載される広告収入が、一部には月500万円以上あると言われています。表示回数やクリック数が多ければそれだけ収入も増える。だから炎上によって、PVが稼げればそれだけ得するんです」とのこと。

編集S 叩かれてもお金になるなら我慢できるのか。まあ、コメント欄も見なきゃいい話だしね。割り切ればいいってことかしら?

しいちゃん まー、世間の評価はコロコロ変わるしね。今叩かれていても将来称賛されることもあるかもしれないし。かつては「バカ」と揶揄されていたのに、今やニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手の「献身的な妻」「良妻」と崇められている里田まいがいい例。「女性自身」2014年4月29日号(光文社)によれば、3月30日、米「ニューヨーク・タイムズ」が、まーくんの大特集を掲載したんだって。そこには、「田中が、生涯の伴侶に選んだのは、’10年にテレビのバラエティ番組で知り合った落ち目のアイドルだった」「里田は本当に無知なのか。それともあえてバカなキャラをつくり上げ、視聴者を笑わせているのか。私にはその答えに到達することができなかった……」と書かれていたとか。

編集S ぐぅの音も出ないほど、実に正しい記事(笑)。いやしかし、その「落ち目」の「バカ」から、料理の腕を磨くことで「良妻」の地位を獲得したんだから、すごいわ。というか、料理さえできれば「良妻」っていう世間の認識もどうかと思うけど。

しいちゃん 芸能界、究極の上がったり下がったりを経験した人物といえば、いわゆる「ビッグ」発言で長らく芸能界を干されていた田原俊彦。4月19日、東京・国立代々木競技場第1体育館で開催されたファッションイベント『ガールズ・アワード 2014 スプリング/サマー』に登場。山田優、長沢まさみらがモデルとして登場し、合間には剛力彩芽、きゃりーぱみゅぱみゅ、THE SECOND from EXILEがライブを行う中、真っ赤なスーツで「抱きしめてTONIGHT」を熱唱したんだって。誰がどういう人選をしたのか謎ね!

編集S どう考えても予算が足らず、ほかの人を呼びたかったのにトシちゃんで妥協した、という現実が見えてきて切ないわ。「抱きしめてTONIGHT」って月9ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の主題歌でしょ……。

しいちゃん そう、1988年の曲。案の定、客席を埋めつくした若い女子たちは「ポカーン」という状態で、田原は「何を歌おうか迷ったんですけど、何歌っても知らないと思うんで、家に帰ってお母さんに聞くとわかるかもしれません」と笑わせてた。これね、何が話題って、髪の毛! 田原の髪の毛が復活してると大騒ぎになってるの。「顔は劣化したけど、髪は増えてる」「植毛?」「若く見える」と大評判なの。

編集S ま~た『爆報!THE フライデー』(TBS系)に出るためのネタを増やしにかかったわね。ちゃんと爆笑問題・太田光に気づいてもらえることを願っているわ!

だからトシを呼ぶならカズもブッキングして!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク