[ジャニーズ最新言行録]

嵐・大野智、「肉吸いばっかり食ってた」! 嵐メンバーが歴代ハマった食べ物とは?

arashi-all01.jpg
肉吸いに七味ぶっかけが大野さん流

 釣りや絵画など多趣味で知られる嵐・大野智。興味を持ったものにはとことん突き進むタイプなのか、それは食生活にも共通しているようだ。2月24日放送のラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)では「20代前半は気に入った食べ物があると延々と食べる傾向にあった」という話から、2004年に出演した『はなまるマーケット』(TBS系)出演時、気に入っているものを紹介する“おめざ”の一品にカキフライを出したことを振り返った。つぶあん&マーガリンのコッペパンにハマった時期には1日3食も食べていたそうで、ほかにハマった食品には、

「『センゴクプー』(03年)っていう舞台の時も、かたやきそばのカップ麺的なやつを毎日食ってた。(中略)あと少年隊さんの舞台に出た時も、なんか知らないけどミートソースにハマって。それも安いやつあったんだよね。それ食わないと、なんか不安なの。そこまで毎日食っちゃうと。最近はないかなぁ~、そう考えたら。あっ、『鍵のかかった部屋』(12年放送、フジテレビ系)の連続ドラマをやってる時も、肉吸いばっかり食ってた。やっぱ結局あるんだ」

と、現在はお気に入りの食べ物こそないものの、ハマると繰り返し食べてしまう性質は変わっていないよう。『鍵のかかった部屋』撮影時、大野が同局の湾岸スタジオの食堂にある肉吸いに「ハマっている」とラジオなどで話していたことは、ファンの間でも知られている話。同年6月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも大野自らが肉吸いの写真を公開していたほどだ。

「大野のように短期間に同じ物を食べ続けてしまう習慣があるのは、二宮和也もその1人です。10年に映画『GANTZ』を撮影していた際、ある朝、たまたまメロンパンを食べてしまった二宮は、朝にメロンパンを食べないと撮影モードに入れなくなると、ラジオで話していました。大野は、その味にハマると飽きるまで食べ続けるタイプのようですが、二宮の場合は『おいしいから食べる』というわけではなく、一種の縁起担ぎやジンクスのようなものなのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 ちなみに大野が激ハマリした肉吸いは、相葉も昨年1~3月放送のドラマ『ラストホープ』(フジテレビ系)撮影時に食したそうで、相葉は「週刊ザテレビジョン」(角川マガジンズ)で、食べながら「あ~、リーダーが好きそうな味だな~」と思ったことを明かしていた。そんな相葉自身の好物はズバリ、唐揚げ。唐揚げを愛してやまない相葉は、ラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン! アラシリミックス』(文化放送、2月22日放送)でリスナーから寄せられた「唐揚検定」(日本唐揚協会が実施)の問題2問に挑戦し、見事に正解していた。

「そのほか、櫻井翔はピザ好きを公言しており、松本潤は昨年5月に出演した『Mステ』で『最近オススメの食べ物』として、オリジナルのヘルシーフードを紹介していました。豆腐にキムチ、納豆などをかけたもので、それを食べ続けたおかげで体重が3キロ近く落ちたとか」(同)

目的は違うものの、奇しくも「同じ物を繰り返し食べる」という性質を持つ大野&二宮。4月からは大野が『死神くん』(テレビ朝日系)、二宮が『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)と、連続ドラマの放送が控えているが、撮影時に2人がどんな食べ物にハマるのか、ラジオなどで語ってくれることを期待したい。

深夜時代に相当味覚を壊されましたので

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク