どんだけ嫌われ者なの?

HKT48・指原莉乃「Twitterで1日100件『死ね』」発言、アンチが検索で「嘘」を証明?

sasihararino2013.jpg
アンチを養分に成長し続けるナオン(撮影:岡崎隆生)

 4日深夜放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、HKT48・指原莉乃が発した「Twitterで1日100件は『死ね』というコメントが寄せられる」という旨の発言が、波紋を呼んでいるという。

 同放送回では、女性アイドルグループ・アリス十番の立花あんなが、9カ月もの間、ブログ上で「第二の酒鬼薔薇」と名乗る人物から殺害予告を受けていたという事件で、33歳の男性が脅迫の疑いで逮捕されたニュースが伝えられた。それを受けて、指原は「『殺す』はないが、『死ね』はある」「Twitterで死ねって言われません?」と発言。コメンテーターのダウンタウン・松本人志が「ない」と答えると、指原は「1日100件は言われていると思う」と語り、共演者からは驚きの声が上がった。

「この『Twitterで1日100件死ね』という指原の告白は、ネットニュースにもなり、たくさんの心配の声が寄せられました。しかし一部ネットユーザーが、指原のTwitterアカウントである『345__chan』と『死ね』で検索をかけたところ、該当のツイートが引っかからなかったと言っているんです。『なんですぐバレる嘘つくんだ』『また話題作り』といった批判の声が出ています。TwitterのDM(ダイレクトメール)機能は、相互フォロー同士の場合のみ使用できるので、DMによる送信の可能性はほぼ0。まったくないとは言い切れませんが、1日100件というのは、少々大げさかもしれませんね」(芸能ライター)

 指原といえば2012年、「週刊文春」(文藝春秋)に、過去の男性とのスキャンダルを報じられたことで、HKT48電撃移籍。しかし、 13年の選抜総選挙では第1位に輝き、世間の度肝を抜いた。

「“恋愛禁止”の鉄則を破ったのにもかかわらず、それを笑いのネタにして調子よくやっている指原に、苛立ちを覚える人は多いでしょうね。指原もテレビタレントとして大げさにしゃべってしまったところはあるかもしれませんが、そこに食いつかれるのは、それだけ指原に物思う人がたくさんいることの証しなのでは」(同)

 良くも悪くも注目度は高いが、同番組では「『死ね』(のコメント)に何にも思わない」とも語っていた指原。「また話題作り」の批判も、指原には「どこ吹く風」なのかも?

そこはかとない「やり手婆」感

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー